マスク専門EC店「MASK CLUB」英語表示をスタート。英語圏のユーザーも使いやすいグローバルサイトへ

PR TIMES / 2020年10月30日 18時15分

より多くのユーザーへ、MASK CLUBのマスクをスムーズに購入可能に

ビーズ・アクセサリーパーツを取り扱うショップ「PARTS CLUB(パーツクラブ)」を全国約90店舗運営する株式会社エンドレス(本社:東京都台東区、代表:代表取締役 蕭(しょう)易風(えきふう))は、今年7月にECサイトを立ち上げたマスク専門ブランド「MASK CLUB(マスククラブ)」において、10月30日よりサイトの英語表示をスタート。9月より導入した越境EC支援サービスと併せて、世界125ヶ国に向けてのサービス提供を進めています。



[画像1: https://prtimes.jp/i/61261/39/resize/d61261-39-187444-4.jpg ]




日本在留の外国人の方へ向けて

画面右下に表示される言語選択ボタンでECサイトを英語表示にすることで、日本にお住まいで英語を使用している外国人の方も、スムーズにお買い物をお楽しみいただくことが可能なグローバルサイトとなりました。

商品説明も英語で表示される為、多数展開しているマスクの中から自分にぴったりの一枚をお探しいただけます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/61261/39/resize/d61261-39-756315-1.png ]




海外にお住まいの方も購入が可能

海外にお住まいの方が安心してMASK CLUBでお買い物をお楽しみいただける対策として導入しているのは、株式会社ジグザグが提供する『WorldShopping BIZ チェックアウト』。

JavaScriptタグを1行設置するだけで、国内向けの自社ECサイトのまま海外販売対応が始められます。多言語対応・海外決済・海外配送までを一気通貫で提供する越境EC・ウェブインバウンド対応サービスです。
[画像3: https://prtimes.jp/i/61261/39/resize/d61261-39-397976-3.jpg ]




MASK CLUBとは


[画像4: https://prtimes.jp/i/61261/39/resize/d61261-39-500085-2.jpg ]

厚生労働省公表の「新しい生活様式」により、必需品という概念が定着したマスク。
飛沫感染防止の為だけではなく、アクセサリー感覚でコーディネートを楽しめる、毎日のマスク生活に彩りを添える商品を提案します。

MASK CLUBは名前の通り、マスクに関する商品が揃う専門店。
自社オリジナルの布製マスク、手作りマスクキット、マスク関連商品(ガーゼ・マスクゴム・ノーズワイヤー等)に加え、ファッション性の高いマスク用アクセサリーも取り扱います。

現在オンラインストアの他、首都圏を中心とした駅や百貨店・ショッピングセンターでポップアップストアも展開しています。

MASK CLUB  https://maskclub.jp/

*「MASK CLUB」は、ECプラットフォームサイト「Shopify」で構築しています。


企画詳細


企画名:マスク専門オンラインストア「MASK CLUB」が英語対応サービスを導入
開始日:2020年10月30日~
URL: https://maskclub.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング