家事代行サービス登録件数No.1は、滋賀県!~「家事代行サービス」の都道府県分布と登録件数推移~

PR TIMES / 2014年8月27日 15時40分

NTTタウンページ株式会社(代表取締役社長:岡田 昭彦、本社:東京都港区虎ノ門3-8-8)は、タウンページデータベース(職業別電話帳データ)を活用してさまざまなマーケティング情報を提供しており、自社が運営する商品紹介サイト「TPDB.jp」では、毎月独自の都道府県ランキングを発表しています。
第37弾のテーマは「家事代行サービス」です。



 家の掃除や食事の支度・後片付け、洗濯にアイロン掛け、ゴミ出しなどなど―ー。日常生活を送っていると、さまざまな家事をこなさなくてはなりません。毎日のこととなると、手を抜きたくなるときもありますよね。核家族化と高齢化が進み高齢者世帯、共働き世帯、単身者世帯が増えた結果、家事の担い手は分散すると同時に多様化が求められるようになりました。近年、その担い手のひとつとなりつつあるのが「家事代行サービス」です。
 今回は「家事代行サービス」にまつわるランキングです。

 「家事代行サービス」は日常的な家事全般を個々の生活スタイルに合わせて代行するサービスで、特殊な道具や洗剤などを使用する「ハウスクリーニング」や、個人と直接雇用契約を結ぶ「ハウスキーパー」とは異なります。
 日本で最初の家事代行サービスは1983年創業のミニメイド・サービス。
 利用者は富裕層が中心でしたが、近年は高齢者世帯や単身世帯の増加とともに利用者の裾野は着実に拡大しています。「家事代行サービス」は新たなサービス市場として期待されており、市場規模も拡大傾向にあります。民間の調査会社によると2011年度の市場規模は約811億円で、2012年度は約980億円(前年度比20.8%増)と見込まれています(矢野経済研究所「住まいと生活支援サービスに関する調査結果2013」)。

 ちなみに、家事労働にかかっている費用はどれくらいでしょうか。
家計調査(総務省)によると、「家事代行料」の2013年の年間支出額は全国平均で1,192円でした。地方別に見ると東北(1,821円)、近畿(1,516円)、九州(1,453円)の順に多く、都道府県庁所在地別(政令指定都市含む)では京都市(4,437円)、仙台市(4,435円)、和歌山市(3,525円)、広島市(3,273円)などとなっています。
 タウンページに登録されている「家事代行サービス」の件数を見てみると、業種分類ができた2006年に205件だった登録件数は、2014年には629件と、実に3倍以上に増えています。今後も登録件数の増加が見込まれます<図1>。
      <図1 >「家事代行サービス」登録件数推移(2005年~2014年)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング