第27回サロマ湖100kmウルトラマラソン特別協賛のお知らせ

PR TIMES / 2012年6月11日 13時54分



日本シグマックス(株)は、2012年6月24日(日)に開催される「サロマ湖100kmウルトラマラソン」(http://saromanblue.jp/)に、今年も協賛いたします。
1.大会概要
「サロマ湖100 kmウルトラマラソン」は、北海道・サロマ湖周辺を舞台に100 km・50 kmの距離で争われる、日本のウルトラマラソン(ウルトラマラソンとは、通常のマラソン=42.195km より長い距離を走る大会)における伝統の大会です。100kmの世界記録は男女どちらも日本人が持っており、いずれも国際陸連公認であるこのレースにて記録されたものです。フルマラソンを超える長距離を走るウルトラマラソンは、完走を目指すにあたっても通常のマラソン以上の多大な練習量や自己管理が必要です。日本シグマックス(株)は、レース中のコンディショニングはもちろん、練習時のサポートやクールダウン、ケガ予防につながる商品を通して、ランナーが楽しく走れるようサポートし、より多くのランナーが大きな達成感を得る手助けになることを願っております。

2.会社概要
日本シグマックス(株)は1973年の創業以来、整形外科分野において、医療用サポーターなどの外固定製品を中心に事業を展開してきました。「ZAMST(ザムスト)」を、医療分野で蓄積したその知識や技術を活かした、スポーツ向けケアブランドとして1993年に立ち上げ、トップアスリートから一般のスポーツ愛好家までの活動をサポートしてきました。近年は、一般ランナーの増加に伴い、コンディショニング商品の提案、商品を通じてのケガ予防の啓蒙を広く行っております。

3.ウルトラマラソン向け製品概要
「ZAMST(ザムスト)」( http://www.zamst.jp/ ) 
・ランニング用「ケガ予防コンセプトウェア」 Zシリーズ:(http://www.zamst.jp/z/ ) 
ランニング練習時のフォームを正しく導き負担を軽減する「Z-20 トレーニングシャツ/タイツ」と練習後の効果的な回復を促す「Z-0 コンプレッションシャツ/タイツ」の4製品を展開
・ コンディショニングシリーズ:
足底や脚、腕などの衝撃・振動による負担を軽減し、特に長距離走行時に後半までパフォーマンスを維持する手助けをする「LC-1」「アームスリーブ」「HA-1メッシュ」
・ ヒザ用サポーター:
体重を支えるヒザの関節にかかる負担を軽減し、疲労の蓄積によるケガの予防や復帰時の手助けをするサポーター、全11種 


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング