サトレストランシステムズ社、サイバーソリューションズのクラウド型メールサービス「CYBERMAILΣ」を採用

PR TIMES / 2014年7月23日 11時50分

~モバイル環境での運用を実現。グループウェアとCYBERMAILΣをシームレスに連携~

サイバーソリューションズ株式会社は、サトレストランシステムズ株式会社(本社:大阪市中央区 重里欣孝 社長)にクラウド型のメールサービス「CYBERMAILΣ」(サイバーメールシグマ)を提供し、本社及び全国217店舗で利用開始していただいたことを発表いたします。 ■導入事例: http://www.cybersolutions.co.jp/casestudy/srs/



サトレストランシステムズ社は、和食中心のレストランチェーンとして代表業態であります「和食さと」の他、「すし半」、「天丼・天ぷら本舗 さん天」、「にぎり長次郎」、「かつや」、など、グループ全体で282店舗を展開されております。「最もお客様に信頼されるレストラン」の実現を図り、社会から真に必要とされる企業を目指されております。

サトレストランシステムズ社でのリプレース以前のメールシステムは、PCでの利用が前提になっており、スマートフォンやタブレット等の端末では、画面表示ができない、操作ができないという制約がありました。グループウェア、メールシステムともに、社内外でご利用の際に、これらのモバイル端末でも効率的に活用できるようと考え、ビジネス用途に耐えうるシステムへのリプレースすることになりました。

そこで同社は、メールシステムを検討するにあたり、社内外業務を効率的に行えるモバイル環境への対応が可能で、グループ共有アドレス帳機能の継続、権限管理設定の機能があること、そして、メールシステムのクラウド・SaaS化を要件としました。その結果、サイバーソリューションズが提供するクラウド型メールシステム「CYBERMAILΣ」が、最も適していると判断され、採用されました。


サイバーソリューションズの「CYBERMAILΣ」を採用する際には、まずは試用版を利用し、機能や操作性の事前確認が行われました。現在、本社及び全国217店舗を合わせて約500アカウントで運用しておりますが、ユーザーに違和感を与えないスムーズなサービス導入が行え、メールの確認もスピーディーで、メールのインターフェースもとても使いやすいという評価をいただいております。
また、クラウドサービスなので、外出時に返信した履歴、閲覧の履歴がPC側とも同期されるためメール業務が効率的に行えます。メールでの業務は日々のことですので、積み重ねると大きな業務改善効果につながっていると評価をいただいております。今後は、グループ会社にも運用を拡大される予定です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング