「アジア国際医療交流シンポジウム」福岡にて開催 2013年3月10日(日)10:00~17:00

PR TIMES / 2013年2月19日 17時14分

-日本、タイ、シンガポール、マレーシア、インドの5カ国が参加-

 株式会社エス・エム・エス(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:諸藤周平、東証一部上場、以下「当社」)は、医療観光※1など国際医療交流に関する国際会議「アジア国際医療交流シンポジウム」(主催:観光庁)の開催事務局を担当することになりましたのでお知らせいたします。
※1:「医療観光」とは、健康診断、予防医療や先端治療などを求めて他国へ渡航・観光することです。




【国際医療交流の情報交換や連携を探る国際会議!アジア5カ国が参加】
 安い医療費・待機時間の短縮・より良い医療の質などを求めて他国を訪れる医療観光者数は、世界で年間600万人以上と推計され、市場規模は1千億ドル(約9兆円)といわれております。しかし、日本では医療観光への取り組みがアジア各国に比べ遅れているといわれています。
 そのようななか、アジア各国の関係者が集い、情報交換や連携を探る国際会議「アジア国際医療交流シンポジウム」が、観光庁主催で2013年3月10日に福岡県のアクロス福岡で開催されることになりました。当社はアジア6カ国(韓国、中国、台湾、マレーシア、タイ、インドネシア)に拠点があり、各国において医療機関とつながりを有していることから本会議の開催事務局を担当させていただきます。
 本会議には、日本、タイ、シンガポール、マレーシア、インドの国際医療交流に取り組んでいる代表的な医療機関や国際医療交流に関心のある医療機関、観光業者、企業などの関係者が約200人参加する予定です。
 シンポジウムの前半は各国、各医療機関の取り組みを紹介し、後半はパネルディスカッション形式でアジアにおける国際医療交流の現状と課題、安全かつ円滑な外国人患者の受け入れなどについて意見交換する予定です。なお、本会議は個人・法人問わずご参加いただけます。奮ってご参加ください。


【アジア国際医療交流シンポジウム】
日時  :2013年3月10日(日)10:00~17:00
場所   :アクロス福岡4階 国際会議場(http://www.acros.or.jp/r_facilities/

内容   :アジアを代表する主要関係者による講演及びパネルディスカッション
参加費 :無料
※シンポジウムの詳細なプログラムにつきましては、2013年2月25日(月)よりhttp://www.bm-sms.co.jp/index.htmlにてお知らせいたします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング