埼玉西武ライオンズの3rdユニフォームとして 「Saitama」ユニフォームを2013シーズン着用!

PR TIMES / 2012年11月30日 9時32分

 埼玉西武ライオンズでは、現在着用しているホーム・ビジターユニフォームに加え、3rdユニフォームとして「Saitama」ユニフォームを2013シーズン着用することが決定しました。



 この「Saitama」ユニフォームは、ライオンズがチーム名に埼玉を付けて6年目となる2013シーズンに、さらなる地域密着化を推進するべく企画されたユニフォームで、2013シーズン公式戦の複数試合にて着用を予定しています。
右袖には、今回の「Saitama」ユニフォームの企画に賛同いただいた埼玉県からの承認により、埼玉県章を配しています。都道府県の県章をユニフォームのデザインに用いるのは、日本プロ野球史上初の取り組みです。

 埼玉西武ライオンズは、今後とも、ライオンズファンの方はもちろん、埼玉県民の皆さまに夢や希望を持っていただけるようなプレーを目指します。


■「Saitama」ユニフォームの特徴


・ユニフォームカラーについて
西鉄ライオンズ黄金期の黒、西武ライオンズ黄金期の青を融合して誕生した「レジェンド・ブルー」をユニフォームのキーカラーとし、襟から胸へ流れるラインと袖口のラインは、埼玉県のカラーを意識した赤色を使用しデザインしています。

・右袖について
埼玉県章を右袖に配しています。
≪埼玉県章について≫
『まが玉16個を円形にならべたもの。 まが玉は、古代人が装飾品などとして大切にしたもの。 埼玉県名の由来である「幸魂(さきみたま)」の「魂」は、「玉」の意味でもあり、まが玉は、埼玉県にゆかりの深いものとなっている。また、まが玉を円形に配置したデザインは、「太陽」「発展」「情熱」「力強さ」を表している。』 ※埼玉県HPより

・襟裏/胸元について
襟裏はライオンズの輝かしい勝利の歴史の象徴として、13回の日本一を意味する星印をゴールドカラーで再現。胸元は、力強さと勢いを感じさせるデザインで「Saitama」の文字を表現しています。胸元の裏面には、選手とファンを繋ぐ「i belive lions」のマークを入れています。

【お客さまのお問合せ先】 埼玉西武ライオンズインフォメーション 0570-01-1950


■埼玉県 上田 清司 知事のコメント


 埼玉西武ライオンズがチーム名に埼玉を冠して5年がたちました。6年目となる2013シーズン、今回発表されましたサードユニフォームに「Saitama」という文字と県章をデザインしていただいたことは大変名誉なことと思います。

 埼玉県はこれまでライオンズと共に狭山茶応援デーなどを行ってまいりました。県章に使用されている勾玉は「情熱」「躍進」などの意味を持っております。また、埼玉県の名の由来は「幸いなる魂」からきております。

 これらの意味が今後の埼玉西武ライオンズの躍進につながってもらえればと思います。


■埼玉西武ライオンズ 後藤 高志 オーナーのコメント


 現在のホームとビジター2種類のユニフォームに加え、2013年はサードユニフォームということで「saitama」ユニフォームを公式戦で数試合着用いたします。上田埼玉県知事のご快諾をいただき、ユニフォームには埼玉県の県章を付けることにしました。

県章をユニフォームに使用することは日本プロ野球史上初となり、今後は「埼玉」を軸にしたイベントを企画実施していく予定です。ライオンズはこのようなデザインのユニフォームを着用するということで、地元埼玉を代表して戦うわけです。この名誉に恥じないプレーを2013シーズン期待したいと思います。


■埼玉西武ライオンズ 渡辺 久信 監督のコメント


 2013年「Saitama」の文字、県章が入ったユニフォームで野球をすることは埼玉にフランチャイズを置くプロ野球チームにとって嬉しいし誇らしいことです。
今シーズンは非常に悔しい思いをしたので、来春のキャンプからしっかりチームを作っていきます。そして真新しいデザインのユニフォームはモチベーションも上がるので、このユニフォームを着て、思いっきりグラウンドで暴れまわりたいと思います。

 2013シーズンもライオンズファンの皆さまを始め、埼玉県民の皆さまの熱いご声援をよろしくお願いいたします。


≪本情報はライオンズオフィシャルサイトでもご確認いただけます。≫
http://www.seibulions.jp/news/detail/7058.html


≪埼玉西武ライオンズ公式Twitterでも球団情報を発信中!≫
埼玉西武ライオンズ公式アカウント 「@Lions_Official」 https://twitter.com/lions_official

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング