Bグレードオフィス賃料 4四半期連続上昇 売買市場も活発化、Aグレードの3倍の取引数

PR TIMES / 2014年5月13日 12時2分

2013年第4四半期 東京Bグレードオフィスレポート

総合不動産サービス大手のJLL(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長 河西利信)は、東京のBグレードオフィス市場に関する調査レポートをまとめましたので、お知らせいたします。2013年第4四半期の東京Bグレードのオフィス賃料は前期比0.8%上昇、前年同期比3.6%上昇の19,517円(共益費込)となり、4四半期連続の上昇となりました。空室率も4.0%と、前期比0.2%低下、前年同期比1.9%低下となりました。2010年から2013年の4年間の売買市場を分析すると、Bグレードオフィスの取引は活発化しており、取引件数はAグレードの3倍となりました。2014年年間のオフィス賃料は、5-10%上昇すると予測しています。サマリーは以下のとおりです。



【賃貸市場】

Ÿ 賃料(2013年第4四半期)は、前期比0.8%、前年同期比3.6%上昇し、月額坪当たり19,517円(共益費込)。2013年第1四半期に、2008年第2四半期以来19四半期ぶりに底値圏を脱出して以来、4四半期連続上昇中。Aグレードオフィス賃料も2012年第2四半期に上昇に転じて以降、7四半期連続上昇中。Aグレード、Bグレードオフィスともに市場サイクルはほぼ同じと考えられるが、回復期にタイムラグがあり、Bグレードは、Aグレードよりも3四半期遅れて回復している。
Ÿ 空室率は前期比-0.2%、前年同期比-1.9%の4.0%で、Aグレードよりも60bps高かった。


【売買市場】

Ÿ Bグレードの売買取引数(2010-2013年)は、Bグレード74%、Aグレード26%で、Aグレードのほぼ3倍となった。
Ÿ BグレードのキャップレートとAグレードとの差は120bps。
Ÿ Bグレードは物件の絶対数が多く、またAグレードと同レベルの耐震性能を持つ質が高いビルも多いことから、優良な投資対象として引き続き注目されている。主な投資家はJ-REIT、近年は海外の投資家、特にアジア(特にシンガポール、香港)の投資家が増加。ファンド規模は小さいものの、自国の市場より高利回りが期待できる日本の高品質なBグレードビルに注目している。


【見通し】


Ÿ 「アベノミクス」や円安を背景に、今後も日本の売買市場は活発化する見通し。東京のオフィス賃料も引き続き上昇基調を維持し、2014年年間ではAグレード、Bグレードともに5-10%上昇すると予測。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング