第65回さっぽろ雪まつり(北海道/札幌)に関連したイベント「さっぽろ雪めぐり回廊」にて、 デジタルアート作品「まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり」を展示。2月11日(火・祝)まで

PR TIMES / 2014年2月7日 17時21分

第65回さっぽろ雪まつり(北海道/札幌)に関連したイベント「さっぽろ雪めぐり回廊」にて、紫舟氏とのコラボレーションによるデジタルアート作品「まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり」を展示。期間は2014年2月5日(水)~2月11日(火・祝)まで。



第65回さっぽろ雪まつり(北海道/札幌)に関連したイベント「さっぽろ雪めぐり回廊」にて、紫舟氏とのコラボレーションによるデジタルアート作品「まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり」を展示。期間は2014年2月5日(水)~2月11日(火・祝)まで。
展示詳細:http://www.team-lab.net/latest/case/sapporosnowfes.html

■作品情報
▼まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり / Story of the Time when Gods were Everywhere
紫舟+チームラボ, 2013, インタラクティブデジタルインスタレーション, 書: 紫舟, 音楽: 高橋英明


http://www.team-lab.net/all/pickup/stgse.html

あなたの影が文字に触れる と、その文字がもつ世界が表れ、物語を創っていきます。

文字から生まれたものたち は、互いに、そしてあなたのふるまいにも、影響します。
古代、森、草原、山、川のいたるところに神々が宿っていたころ、人々が神々と交信する手段として象形文字が生まれたと言われています。文字を通して、あなたが呼び出した世界とまわりの人々が呼び出した世界は、連続し、互いに相互作用を与えながら、そして、あなたやまわりの人々のふるまいにも影響を受け、世界の物語は創られていくのです。
物語の世界の裏側には、360度広がる空間があり、文字から生まれたものたちは、空間上のそれぞれの位置や、それぞれが持つ知能や関係性、物理的な影響などによって、互いに影響を受け合いながら、そして、鑑賞者の位置やふるまいにも、影響を受けながら、空間上でリアルタイムに計算されて動いたり変化したりしていき、物語をつくっていきます。現実には、同じ物語が2度とないのと同じように、作品の物語は、二度と再現されることはなく、常に初めて体験する物語を創り出します。

【概略】
展覧会名:さっぽろ雪めぐり回廊
開催期間:2014年2月5日(水)~2月11日(火・祝)
作品名:まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり
場所:札幌駅前通地下歩行空間 北2条交差点広場 (東側)
開催時間:13:00~18:00
※さっぽろ雪まつりは、いつでもご覧いただけます(ライトアップは22:00まで)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング