第19回日本臨床毛髪学会 学術集会においてアフタヌーンセミナーを共催

PR TIMES / 2014年12月1日 15時25分

~抗酸化成分「フラーレン」の毛髪成長に対する有用性を発表~

 株式会社アデランス(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長 根本 信男)は、2014年11月23日(日)~24日(月)、岡山コンベンションセンター(岡山市)において開催された第19回日本臨床毛髪学会 学術集会で、アデランスがスポンサーシップをとるアフタヌーンセミナー「フラーレンが拓く皮膚と毛髪の新しいナノ医学治療」を共催しました。



 同セミナーは23日(日)に行われ、アデランスの寄附に基づく講座である大阪大学大学院医学系研究科皮膚・毛髪再生医学の乾准教授が登壇し、フラーレンの毛髪成長に及ぼす影響についての講演を行いました。また、世界的な毛髪皮膚医学の権威であり、当社のメディカルアドバイザーでもある、別府ガーデンヒルクリニック くらた医院 院長の倉田先生がセミナーの座長を務めました。

 また会期中には、アデランスが共同研究を進める東京大学のグループが、一般演題として共同研究テーマである「スカルプケアサイエンス」に関わる講演を、4演題にわたって実施しました。


 日本臨床毛髪学会は国内外の毛髪・皮膚分野の医師や研究者が一堂に会して研究成果を発表する、日本において最高峰の毛髪関連医学会です。今年第19回を迎える今回は、「毛髪医療のトピックス」をテーマに岡山県岡山市で開催され、アデランスが本学会に共催するのは4年連続となります。

 また、今回は海外からの発表者が5名登壇するなど、ますます国際色豊かな学会となり、海外からの注目度も高まってきていることが感じられます。

 アデランスはトータルヘアソリューションにおけるリーディング企業の使命として、経営理念の一つである「最高の商品」の開発および毛髪関連業界の発展を目指し、機能性人工毛髪や医療向ウィッグの研究開発、育毛・ヘアスカルプケア関連研究、抗がん剤脱毛抑制研究など、産学連携にて毛髪関連の研究を積極的に取り組んでおります。

 その産学共同研究の成果を国内外の学会を通じて発信し、また、世界の研究者に研究成果を発表いただくことは、毛髪界の更なる進展となり、ひいては多くの方の髪の悩みの解消に寄与し、当社のCSR(企業の社会的責任)であると考えております。


■フラーレンとは
 フラーレンはダイヤモンドやグラファイトと同じ炭素の同素体(同一元素だけで構成される分子)で直径は0.7ナノメートル(ナノメートルは1メートルの10億分の1)といった非常に小さい、サッカーボールのようなユニークな形をしています。
 特徴は優れた抗酸化力で、フラーレンの周りを取り巻く電子がフリーラジカル・活性酸素と反応することで抗酸化力を発揮します。そのため、他の抗酸化素材とは異なり、強力な抗酸化力が長時間持続する機能を持っています。
 フラーレンの存在を発見した3名の科学者が、その功績を認められてノーベル化学賞を受賞しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング