DHLサンクスクラブ「レッズキャンペーン2018」で浦和レッズの柏木選手、森脇選手、長澤選手が特別体験をお届け

PR TIMES / 2018年8月30日 10時1分

・PKやパス回しを浦和レッズの一員となって楽しめるVRセットを配達

国際航空貨物輸送会社、DHLジャパン株式会社(略称:DHLジャパン 代表取締役社長:山川丈人 本社:東京都品川区)は、トップパートナーシップ契約を結んでいる浦和レッドダイヤモンズ(略称:浦和レッズ)と共同で、今年6月半ばよりお客様向けに「今年もレッズの季節がやってきた!レッズキャンペーン2018」を実施しています。キャンペーンに当選したお客様は、DHL×浦和レッズコラボレーションのVRセットで、PKやパス回しを浦和レッズの一員となって楽しめるというもの。本日、浦和レッズの柏木陽介選手、森脇良太選手、長澤和輝選手の3名がお客様の元にこのスペシャルなVRセットをお届けし、トークやサイン会などを通して交流を楽しみました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/20941/40/resize/d20941-40-114858-0.jpg ]

DHLジャパン株式会社代表取締役社長の山川丈人は、「5回目を迎える今年も、スピード、情熱、チームワークといったDHLのコアバリューを共有する浦和レッズの選手達を通して、お客様に日頃のご愛顧への感謝をお届けできただけでなく、DHLブランドの価値観を身近に感じていただけたことを嬉しく思います。日本のお客様にとって最強のビジネスパートナーであり続けることを目指すDHLは、勝利を求めて闘う選手達のファイティングスピリッツと同様に、今後も最高品質の国際輸送サービスを追求して参ります。」と述べています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/20941/40/resize/d20941-40-970017-1.jpg ]

浦和レッドダイヤモンズ代表取締役社長の淵田 敬三氏は「DHL配達キャンペーンは5年目を迎えますが、今年もDHLのお客様に浦和レッズ選手との交流を喜んでいただけたことを嬉しく思います。業界トップレベルのDHLの素晴らしいサービスに触れ、またお客様に対する情熱を感じることができ、選手達にとって良い刺激になりました。今後もこのような機会を通して、DHLと浦和レッズのパートナー関係がより一層強く結びついていく事を心より望んでおります」と述べています。

DHLサンクスクラブ「レッズキャンペーン2018」について
このキャンペーンは、DHLジャパンが同社の輸送サービスをご利用いただいているお客様向けに様々な特典や賞品を提供しているオンライン会員制プログラム「DHLサンクスクラブ」*で実施したものです。今年6月11日(月)から7月31日(火)までの期間にDHLのサービスをご利用いただきご応募いただいたお客様の中より、抽選で特賞に当選したお客様が、浦和レッズ選手との交流会を実現できるもの。DHLサンクスクラブのURLはこちら: https://www.dhl-thanksclub.com/

*「DHLサンクスクラブ」DHLジャパンが2015年3月より運営しているお客様向けプログラム。特設サイト ( http://www.dhl-thanksclub.com) から会員登録が可能です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング