がん撲滅に向けた佐賀県との協力協定締結のお知らせ

PR TIMES / 2013年8月28日 12時37分



2013年8月22日、佐賀県とSBI損害保険株式会社(本社:東京都港区六本木、代表取締役社長:城戸博雅、以下「SBI損保」)は、相互に連携・協力を行い、がん撲滅に向けた取組を推進することにより、がんを知り、がんと向き合い、がんに負けることのない社会の実現に寄与することを目的として、以下のとおり連携・協力事項に関する協定を締結しましたのでお知らせします。


<連携・協力事項>
1.がん検診の重要性の啓発など、がんの早期発見・早期治療の理解促進に向けた取組に関する事項
2.九州国際重粒子線がん治療センター(佐賀県鳥栖市、愛称「サガハイマット」、以下「サガハイマット」)の広報・普及に関する事項
3.その他、双方が必要と認める事項
SBI損保は、サガハイマットの普及に向けた取組策の一つとして、サガハイマットで重粒子線治療を受けられた際、保険金支払対象となる治療費を、直接サガハイマットからSBI損保に請求いただきお支払いする協定の取り交わしを検討しています。


これにより、SBI損保のがん保険の加入者は、保険金が支払われるまでの間の治療費等の立替を心配することなく、安心して治療に専念することができるようになります。


◆九州国際重粒子線がん治療センター(サガハイマット)について
URL:http://www.saga-himat.jp/
産学官の共同プロジェクトとして誕生した、九州で初、日本で4番目となる重粒子線がん治療施設です。2013年6月に佐賀県鳥栖市に開院しました。同8月から前立腺がんの治療を開始しており、同12月からは頭頸部・骨軟部に、2014年3月からは肺や肝臓に治療の対象部位を広げていく予定です。がん拠点病院や大学など40を超える医療機関と連携協定を締結し、九州はもとより全国のがん患者から注目を集めている最先端のがん治療施設です。


◆重粒子線治療について
重粒子線治療とは、放射線治療のひとつであり、炭素イオンを加速器で光の約70%まで加速し、これらをがん病巣に狙いを絞って照射する最先端のがんの治療法で、厚生労働大臣の承認を受けた先進医療です。重粒子線の場合、より正確にがん細胞に放射線を照射することができ、また人体の深い場所でも放射線エネルギーを最大のままぶつけることができるため、がん治療に対して高い効果が期待されています。重粒子線がん治療費は公的保険が適用できないため、患者の全額自己負担となります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング