化粧品体験コミュニティ【コスメニスト】に新サービス

PR TIMES / 2014年5月15日 13時16分

“顔出し”体験レポートを『リメイク・レポート』として外部提供

全研本社株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:吉澤信男)は、実名に最も近い“顔出し”体験レポートを掲載している化粧品ポータル「コスメニスト」( http://www.coscare.jp/ )に掲載されているレポート(レビュー)を、外部提供するサービスを開始しました。化粧品メーカーの販促ツールとしてリアルな体験コメントを流用することが可能となります。



コスメニストでは、顔や職業、年齢や肌質を公開しているコスメレポーターたちに、自腹で化粧品を購入するところから使用実感までの詳細をレポートさせています。名前はあえてニックネームで表示をしていますが、ブログや実名制のSNSなどで“顔”を公開しているレポーターも多いため、自分の発言(レポート)に一定の責任を持たせることに成功しています。

「顔出し体験レポート」では使用中の顔写真の提供も義務付けており、笑顔だけのプロフィール写真では得られない臨場感ある画像をすべての体験レポートでアップしています。コスメニストでは、このリアリティをそのままメーカーのオフィシャルサイト用にリメイクして提供する『リメイク・レポート』をサービスイン。

消費者の声や口コミが集まりにくい新商品の体験レポートを、メーカーのオフィシャルサイトやランディングページ用にリメイクすることにより、制約の多い使用実感などに関する表現の幅も広がり、PRに活用することが可能。これまで展開が限られていた新作コスメの販促プロモーションに、一石を投じるソリューションです。

当サイトはミッション・ステートメントのひとつとして「体験レポートは事実に基づいたリアルな感想を書く」ことを掲げており、やらせなどが一切ないことを公言しています。したがってこの化粧品体験レポートの『リメイク・レポート』がコンバージョンUPにつながることは、ほぼ間違いありません。

メーカーのオフィシャルサイトやオンラインショップ上の名前も顔も非公開の「愛用者の声」は、ある意味でメーカーの自画自賛とも受け止められてしまいます。その点当サイトの体験レポートは、ユーザーだけでなくレポート作成をしているレポーターたち自身の目で、そのレポート内容がウソではないと確認できる仕組み。レポーターはすなわちユーザーであり、ユーザーはすなわちレポーターに転じる可能性があるという表裏一体の関係です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング