≪新発売≫ヒト幹細胞培養液美容液『STEM MESSAGE』が、医療機関向け高濃度コスメブランド【Cligramカリグラム】から誕生!お取り扱いクリニック様募集スタート!!

PR TIMES / 2020年10月20日 15時15分

話題の「ヒト幹細胞培養液コスメ」美容液

美容クリニックの物販サポートを手がける株式会社ヘッドスプリング(所在地:東京都新宿区、代表取締役:泉成人)の新ブランドCligramカリグラムから第三段となる『STEM MESSAGE10』『STEM MASSEGE30』の販売・お取り扱いクリニック様募集をスタート致しました。





[画像1: https://prtimes.jp/i/59954/41/resize/d59954-41-858048-1.gif ]




有効成分高濃度配合!医療機関専売コスメ『Cligramカリグラム』



Cligramカリグラムは、美容施術をサポートするために誕生した医療機関専売コスメです。
美容クリニックでも実績のある主役級の成分を高濃度に配合し、治療の効果を最大限に高めるだけでなく、極力肌にとって余分なものは含まないシンプルな処方です。
普段のスキンケアとしてはもちろん、美容医療施術前後のホームケアアイテムとしてもご利用いただけます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/59954/41/resize/d59954-41-563920-2.jpg ]




肌のハリ不足・しわ・たるみ・くすみ対策におすすめ!ヒト幹細胞培養液コスメ『STEM MASSAGE』



[画像3: https://prtimes.jp/i/59954/41/resize/d59954-41-467156-3.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/59954/41/resize/d59954-41-975461-4.png ]


   主要成分

   ・ヒト幹細胞培養液(10%・30%配合)

   対象肌悩み

   肌のハリ不足・しわ・たるみ・くすみなど





ヒト幹細胞培養液



ヒト幹細胞培養液:Cligramのヒト幹細胞培養液は、人の皮下脂肪からとった脂肪組織から幹細胞のみを分離・培養することで幹細胞から分泌される物質をふんだんに含有した培養液成分のことです。幹細胞を培養する際の上澄み液(培養液)のことを「ヒト幹細胞培養液」といいます。

ヒト幹細胞培養液には、古くなり弱った細胞を元気にするための命令物質が含まれており、肌に対しダイレクトにアプローチします。コスメによる臨床データ濃度は1%以上といわれています。Cligramには、この濃度以上のヒト幹細胞培養液が配合されています。

人の体には約60兆個の細胞が働いているといわれ、それぞれに重要な役割があります。
その中でも皮膚の細胞は体の中と外とを隔てるバリアとしての役割を担っており、加齢・紫外線・精神的ストレスなども肌細胞機能が弱っていく原因となります。
そのため、日々のスキンケアで肌細胞のケアをしていくことが重要と言えます。

〈ご使用方法〉
朝晩、化粧水等でお肌を整えた後、スポイト約1/3~半分量を手に取り、顔全体に塗布してください。
【美容液】STEM MASSAGE10(ヒト幹細胞10%配合):内容量30ml(約1か月分)
【原液美容液】STEM MASSAGE30(ヒト幹細胞30%配合):内容量30ml(約1か月分)


◆製品の詳細は「わたしの名医」で
製品の詳しい説明は下記URLからお読みいただけます。
わたしの名医: https://mymeii.jp/medical/cligram/


【本件に関するお問合せ先】
株式会社ヘッドスプリング
HP: https://head-spring.co.jp/
電話:03-6709-8183 FAX:03-6709-8715
メール:info@head-spring.co.jp


==================================

◆企業情報:株式会社ヘッドスプリング
https://head-spring.co.jp/
所在地: 東京都新宿区荒木町15-8 杉森ビル4F
代表者: 代表取締役 泉 成人

MISSION ー
「美のかかりつけ医」をスタンダードに。

私たちは美容医療のプラットフォーマーとして、
独自のネットワークとITを駆使して、
美を求める人々・医師・ホームケア製品の架け橋となります。

「美のかかりつけ医」を介して、
自分に必要な治療やお手入れやホームケア製品を知ることができる。
美への最短距離を手に入れることができる。
そんな社会を創りあげる。
それが私たちのMISSIONです。

美容医療のかかりつけ「わたしの名医」
https://mymeii.jp/ 



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング