東北・宮城県三陸海岸を舞台に、クビをかけた講師と学生6人の挑戦を描く『ライジング・ロード』を刊行

PR TIMES / 2013年3月8日 13時6分

震災から2年を経た今だから読みたい!東北で「ソーラーカー」に託した希望を描く小説

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 清水卓智)は、2013年3月11日、『ライジング・ロード』(高嶋哲夫著)を刊行します。




東日本大震災から丸2年。原子力発電の先行きが見えない今、新エネルギーとして注目される「太陽光」は、希望のエネルギーともいえます。本書は、東北・宮城県の三陸海岸を舞台に、「太陽光エネルギー=ソーラーカー」にかけた希望を描く感動の小説です。

物語がスタートするのは、東北・宮城県のある三流大学。主人公・野口陽子(のぐち・ようこ)は、学生6人と一緒にソーラーカー作りに情熱を燃やしていました。トラブルを乗り越えながら開発が進むなか、彼らを大きな苦難が襲います。陽子たちは傷つきながらも、地元の人々と協力をして再起を目指す――。

著者である高嶋哲夫氏は、科学技術への豊富な知識を活かし、これまでも地震を扱った『M8』『TSUNAMI 津波』(ともに集英社文庫)、風力発電を扱った『風をつかまえて』等のヒット小説を生み出しています。また、神戸在住で、自身が阪神・淡路大震災を経験したことから、災害や防災をテーマに『巨大地震の日』『東海・東南海・南海巨大連動地震』などの新書の執筆、講演活動、テレビ出演なども行なっています。


【あらすじ】

大手電機メーカーを「ある事情」で退職しなければならなかったエンジニア・野口陽子は、宮城県三陸海岸の三流大学でやっと非常勤講師の職にありついたものの、「全日本ソーラーカーレースで優勝できなければクビ」という条件を突きつけられます。しかし、研究室にはやる気のなさそうな教授とミニチュアソーラーカーがあるだけ…。

ヒトもカネも技術もないなかで、なんとか学生6人を集め、ゼロの状態から陽子をはじめ「太陽の七人」たちのソーラーカー作りが動き出します。一見、能天気に見える学生たちも、心の奥には様々な悩みを抱えており、いくつものトラブルを乗り越え、開発にのめりこむにつれて彼ら7人の絆も強くなっていきます。そしてレースでも好結果が出始め、意気上がる陽子と学生たち。しかし、全日本ソーラーカーレースへの出場も見えてきたなか、大きな苦難が――。 


【主な登場人物】

ソーラーカー作りに情熱を燃やす「太陽の七人」

野口陽子(のぐち・ようこ)
29歳。大手電機メーカーを「ある事情」により退職。全日本ソーラーカーレースでの優勝をミッションとして、東北科学大学の非常勤講師となる。5歳の娘がいる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング