NTTコム オンライン、商品告知から店舗誘導・購入後アンケートまでをセットにした商品戦略に役立つ新サービス「Potora O2Oサンプリング」を提供開始

PR TIMES / 2014年8月6日 11時24分

~ポイントサイト「Potora」120万会員を対象とした効果的な商品PRを実現~

 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(本社:東京都品川区、代表取締役社長 塚本良江、以下 NTTコム オンライン)は、商品の告知から店舗への誘導、購入後のアンケートをセットで実施することにより、企業の商品戦略に役立てる新サービス「Potora O2Oサンプリング」を2014年9月より提供開始します。
 NTTコム オンラインが運営するポイントサイト「Potora」の120万会員に対する商品告知に加えて、事前アンケートによる対象者のサンプリング抽出や、商品購入・使用後のアンケートによる商品特長の刷り込みと商品評価の取得など、企業における効果的な商品PRとリピート顧客の育成というニーズにお応えすることができます。





1.サービスの概要
「Potora O2Oサンプリング」は商品サイクルの短い消費財メーカー様を対象に、商品発売後の短期間でより多くの消費者に商品をトライアルしてもらうサービスです。
ポイントサイト「Potora」(オンライン)の会員に対して商品を告知することに加えて、サンプリング抽出した対象者をコンビニエンスストアやスーパーといった店舗(オフライン)に誘導します。
対象者には、商品使用後のアンケートに答えてもらうため、商品戦略の策定に有効となるフィードバックを得ることもできます。

■サービス提供の流れ
1.「Potora」サイト上へのバナー掲載、かつ会員へのメール配信により、商品告知を行います。
2.商品に興味を持った会員は応募フォームから事前のアンケートに回答します。
3.事前アンケートから、企業様がサンプリングしたい条件に合致する方(対象者)を絞込みます。
4.対象者に活動概要と商品使用後に回答いただくアンケートのURLをメールにて送付します。
5.対象者は、店舗にて対象商品を購入し、商品をお試しいただいた後、アンケートフォームから使用感や今後の購入意向等について評価*します。
6.アンケート結果を集計・分析して企業様にレポートします。
7.NTTコム オンラインは購買証明の取れた方に「Potora」のポイントを付与します。

*評価には、顧客ロイヤルティを測定するグローバルスタンダード指標「NPS(R)(ネットプロモータースコア)」を用いることもできます。顧客ロイヤルティをシンプルに数値化して評価することが可能なため、商品戦略におけるPDCAサイクルを効果的に回すことができます。
(NPS(R)はサトメトリックス、ベイン・アンド・カンパニー、フレッドライクヘルドの登録商標です。)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング