2015年、個人投資家の投資意欲は??

PR TIMES / 2014年12月29日 16時10分

~2015年の相場見通しに関するアンケート~

株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:高村正人、以下「当社」という。)は、当社の口座を保有する全国のお客さま(個人投資家)に「2015年の相場見通しに関するアンケート」を実施し、6,173人より回答をいただきました。



【アンケート結果概要】

■ 65.2%の人が、2014年、投資元本が「増えた」と回答
「今年一年間で投資元本は増えましたか?」という質問に、65.2%の人が「増えた」と回答し、半数以上が投資により資産を増やしたという結果となりました。

■ 個人投資家の投資意欲は旺盛。94%が「2015年の投資額を増やしたいもしくは現状維持」と回答
「2014年と比較して、2015年は投資する金額を増やしたいと思いますか。」という質問に対して、「増やしたい」と回答したのは43.8%、「現状維持」と答えたのは50.3%となり、「増やしたい」「現状維持」を合わせると94.1%の人が2015年は投資額を今年と同等または同等以上にしたいと考えていることが分かりました。また、年代別に見ると、「増やしたい」と回答する割合は20代が最も高く、年齢が若くなればなるほど投資意欲が高いことも分かりました。

■ 2015年の日経平均は最高値19,928円/最安値15,432円と、2014年より高くなると予想しており、マーケットに対する期待値が高い。一方、2015年12月末(1年後)の終値予想は冷静な結果に
「2015年の日経平均最高値/最安値はどれくらいになると思いますか。」という質問に対しての回答を平均すると、最高値の予想は2014年の最高値18,030.83円と比較して約1,900円高い19,928.40円と予想し、最安値予想に関しては2014年の最安値13,885.11円に対して15,432.64円と1,500円程高く予想しており、日経平均の更なる上昇に期待していることが分かりました。その一方で、1年後の2015年12月末の終値予想は18,080.10円と、『全体的には好調なマーケットではあるものの、最終的には2014年と同等の市場状況で落ち着くのではないか』という個人投資家の皆さまの予想が見て取れます。

■ ドル円相場は2014年と比較して大きな変動はない、との予想
ドル円相場に関しても調査を行ったところ、「ドル円(レート)の高値(円安方向)/安値(円高方向)について教えてください。」という問いに対しての回答を平均値化すると、最高値の予想は127.44円、最安値の予想に関しては110.20円となり、2015年のドル円相場に関しては、今年と大きく変わらないという予想をしているということが分かりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング