1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

『人事のためのジョブ・クラフティング入門』―「個人」と「組織」のエンゲージメントを高める新メソッド出版のお知らせ

PR TIMES / 2021年9月16日 16時45分

人材の“採用”から“定着”、その先の“活躍”までを支援する人材サービス事業を展開する株式会社ヒューマネージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:齋藤 亮三、以下ヒューマネージ)は、2021年10月7日、ビジネス・ブレークスルー大学 教授 川上 真史氏、桜美林大学 リベラルアーツ学群 教授 種市 康太郎氏と、ヒューマネージ 代表取締役社長 齋藤 亮三の共著『人事のためのジョブ・クラフティング入門―「個人」と「組織」のエンゲージメントを高める新メソッド』を出版いたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/55068/42/resize/d55068-42-4b77f0a73c9718827496-0.png ]

持続的に、エンゲージメントの高い組織をつくる。
個人のエンゲージメントを“開発”するカギ=ジョブ・クラフティングを、わかりやすく解説

近年、人事領域で注目を集める「エンゲージメント」。社員のエンゲージメントが高い状態であると、企業業績や生産性の向上、ひいてはストレス状態の改善にもつながると考えられており、これからの人材マネジメントにおける重要な概念として、社員のエンゲージメント向上に取り組む企業が増えつつあります。

これまで、社員のエンゲージメントを向上させるには“組織改善”が必要とされ、給与水準をあげたり、福利厚生を充実させたりといった取り組みがされてきました。もちろん組織改善のアプローチも有効ではありますが、残念ながら限界があり、持続的にエンゲージメントの高い組織をつくるには、別のアプローチが必要です。

「エンゲージメントを高めるには、組織改善のアプローチしかないのか?」「個人のエンゲージメントを、人材開発を通じて高めることはできないのか?」――個人のエンゲージメントを高めるカギは何にあるのか。ヒューマネージは、本書の共著者である川上 真史氏、種市 康太郎氏とともに10年以上にわたる調査研究をおこない、一人ひとりが持つ特性である「ジョブ・クラフティング」に着目、その尺度の開発に成功しました。

「ジョブ・クラフティング」は思考や行動の“癖”とも言え、ジョブ・クラフティングの“癖”を身につけることで、個人のエンゲージメントを高めることが可能です。本書では、個人のエンゲージメントを高めるカギであり、持続的にエンゲージメントの高い組織づくりに欠かせない「ジョブ・クラフティング」について、学術的な背景や具体的な例を挙げてわかりやすく解説しています。

本書が、エンゲージメントの高い組織を目指し、尽力されている人事の皆さまの一助となれば、幸いに存じます。


《書籍情報》

『人事のためのジョブ・クラフティング入門―「個人」と「組織」のエンゲージメントを高める新メソッド』
著者:川上 真史(ビジネス・ブレークスルー大学 経営学部 教授)
種市 康太郎(桜美林大学 リベラルアーツ学群 領域長 教授(臨床心理学))
齋藤 亮三(株式会社ヒューマネージ 代表取締役社長)
発売:2021年10月7日
定価:1,760円(税込)
単行本:274ページ
出版社:弘文堂

▼ご予約・ご購入はこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/4335450664

株式会社ヒューマネージ 会社概要
https://www.humanage.co.jp/
社名:株式会社ヒューマネージ
本社所在地:東京都千代田区平河町 2 丁目 16 番 1 号 平河町森タワー11 階
創業:1988年11月10日
設立:2004年12月1日
資本金:50 百万円
代表取締役社長:齋藤 亮三
主要事業:
採用ソリューション事業
適性アセスメント事業
タレントマネジメントソリューション事業


以上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング