株式会社シャノン、日展協アワード2014でシャノンバーチャルイベントが新技術・新サービス賞を受賞~出展社と来場者双方の満足度を向上させる試みが高い評価~

PR TIMES / 2014年5月27日 19時7分



株式会社シャノン(本社:東京都港区、代表取締役:中村健一郎、以下シャノン)は、一般社団法人日本展示会協会(以下、日展協)が発表した、日展協アワード2014において、シャノンバーチャルイベントで新技術・新サービス賞を受賞いたしました。

【日展協アワードについて】
2002年のスタート以来、展示会産業の振興と活性化に貢献のあった法人および個人を
顕彰しています。

展示会産業の発展に寄与した優れた実績や取り組みに対して顕彰し、展示会産業の
一層の振興を促進することを目的に実施する表彰制度です。
新技術・新サービス部門は、新しい技術やサービスで、展示会企画・運営・実施に
ついて、革新を支援、促進していることを顕彰するものです。展示会の運営技術や運営モデルを改善、革新する新製品、新技術、新サービスの企画立案、提供・実施等について実績を有する企業が毎年選ばれています。
【評価のポイント】
日本初の開発となるシャノンバーチャルイベントは、単なる仮想空間での展示会開催だけではなく、出展社と来場者の展示会前後のコミュニケーションを提供することによる商談機会の新たな創出を可能とし、出展社と来場者双方の満足度を上げようとしている点が高く評価されました。

シャノンは、企業のマーケティング課題を解決するマーケティングクラウドのリーディングカンパニーとして、イノベーションに満ち溢れた新製品を開発すべく、社員一同精進して参ります。
引き続きご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

【シャノンバーチャルイベントについて http://www.shanon.co.jp/products/virtual/
単にオンライン上に特定の仮想イベント空間を提供するだけでなく、バーチャルイベントのコンテンツ管理、開催、参加者のリード管理、参加者とのコミュニケーション環境などをワンストップで提供する日本初の開発となるクラウドアプリケーション型バーチャルイベント。リアルな展示会を補完し、コスト・リスクを低減した潜在見込み客を効率よく獲得するマーケティングツールです。
・ マルチデバイス対応で、タブレット・スマートフォンからもアクセス可能
・ 3DCG画像テンプレートによるブース公開だけでなく、撮影した実写画像でもブース公開可能
・ 360°パノラマビューワーで、臨場感ある展示ブースを表現
・ バーチャルブース上で動画ファイル、PDFスライド、静的WEBページコンテンツを配信
・ シャノンが提供しているSHANON MARKETING PLATFORMと連携し、集客メール配信や参加登録、来場データ/行動データまでを統合管理、ページ単位でのトラッキング/閲覧数まで取得

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング