BS-TBS『極上のクルーズ紀行』と伊勢丹新宿店メンズ館がコラボ!

PR TIMES / 2014年5月1日 16時19分

伊勢丹新宿店メンズ館ウィンドー&店内ディスプレイで ,BS-TBSの人気番組『極上のクルーズ紀行』のスペシャル映像上映中



BS-TBSで、好評放送中の、『極上のクルーズ紀行』(BSデジタル6ch 毎週水曜 よる9時OA)と男のこだわりファッションを表現し追求する伊勢丹新宿店メンズ館のクルーズファッションフェア「トラベラーズウィーク」が、イメージコラボを実現。


東京の伊勢丹新宿店メンズ館では、今、旅行業界が注目するクルーズに着目し、大人のクルーズファッションを提案する「トラベラーズウィーク」を5月11日(日)まで開催中。店内では、大人のアクティブなクルーズイメージとして、「アマゾン川クルーズ」と「ミシシッピ川クルーズ」をイメージした映像上映・展示を行っている。

そのイメージ映像にBS-TBSの『極上のクルーズ紀行』が協力することで、今回のコラボが実現した。

伊勢丹新宿店メンズ館の入口脇メインショウウィンドウ、地下1F、1F、5F、6F、7Fの特設展示のモニターで『極上のクルーズ紀行』が編集したスペシャル映像が上映されている。

「トラベラーズウィーク」はフライ&クルーズをコンセプトに、大人の男の休日をアクティブに楽しむクルーズファッションを提案し、BS-TBSの『極上のクルーズ紀行』をはじめ、航空会社やクルーズ会社、クルーズ専門誌などの協力を得て、国内外のクルーズや海外旅行に興味を持つ30代から70代の男性に旅行でファッションを楽しむことをアピールする。

この「トラベラーズウィーク」のアマゾンクルーズで紹介する「アリア号」は2011年、『極上のクルーズ紀行』がアマゾン源流を巡る5ツ星リバークルーズ船として、初めてテレビで紹介。また、ミシシッピ川クルーズとして紹介する「アメリカン・クイーン号」も2014年、同番組が日本のテレビとして、初めて紹介した世界最大級の蒸気客船。

今回の「トラベラーズウィーク」期間中に『極上のクルーズ紀行』ナビゲーターの高橋克典も伊勢丹新宿店メンズ館に来館。
高橋克典自身も昨年10月、地中海で12泊13日の大人のクルーズ旅を経験しているだけに、船内生活や現地ツアー用のファッションについても自分なりのセンスにこだわる。
高橋曰く、「最近のクルーズ船は世界各国、いろんな方面、いろんなタイプのクルーズがありますが、まずはゆったりとした時間だということですね。そこに流れる時間は居住空間が快適に用意されていて、日常とは隔絶された特別な時間です。そのリラックスした時間をベースにして、歴史、気候、風土を踏まえたファッションを楽しみたくなるし、必要となってきます。1日の中でも、朝食、散策、夕食、夕食後のバーとか、いろんな気分を楽しむため、ファッションを楽しみたくなります。欧米の方とかと食事を楽しむことになると、服を着替える必要もあります。時間を楽しむチャンスなんですよね。僕は若い頃にバックパッカーもしていて、クルーズのような旅は敬遠していたところもありましたが、20数年たって、乗らせて頂いて、ご褒美だなと思いました。僕は(皆さんも、クルーズに)一生に一度は行かれてもいいんじゃないかなと心底思います。バックパックの旅とは全然違う、快適な時間を楽しむことができます。」と、クルーズの魅力を語る。

尚、韓国の沈没船事故に配慮し、当初予定していた映像を一部変更して、上映している。

ゴールデンウィークに新宿に出かける際には、是非、伊勢丹新宿店メンズ館で『極上のクルーズ紀行』のスペシャル映像をご覧ください。


補足情報
BS-TBS  http://www.bs-tbs.co.jp/
毎週(水)よる9時放送
『極上のクルーズ紀行』
http://www.bs-tbs.co.jp/cruise/


伊勢丹新宿店メンズ館
東京都新宿区新宿3-14-1 大代表:03-3352-1111
http://www.imn.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング