2013年9月3日(火)~9月8日(日) ロシアにおける反同性愛法 反対キャンペーン

PR TIMES / 2013年9月4日 10時45分

同性愛者の権利を侵害する法律の撤廃を目指して

フレッシュハンドメイドコスメLUSH(ラッシュ)は、ロシアで9月5日(木)・6日(金)に開催されるG20サミットに際し、同性愛者の権利を守るグローバルキャンペーン団体All Outと共に、ロシアで成立した反同性愛法に反対するキャンペーンを2013年9月3日(火)から9月8日(日)まで実施します。



2013年6月、ロシアのプーチン大統領は、同性愛者の権利を侵害する法律(以下、反同性愛法)を成立させました。これは、未成年への同性愛プロパガンダを禁じる法律で、公共の場で同性愛者の権利を訴えることが違反となります。この反同性愛法については、米国オバマ大統領はじめ国際社会からは多くの批判の声が上がっています。また、ロシア国内では国民の4分の3以上がこの法律に反対しています。

この反同性愛法に対して、All Outはオンライン上で100万筆の撤廃アピール署名を集めることを目指しており、ラッシュでは公式ウェブサイトや自社のソーシャルメディアを用いて、この取り組みにグローバルで協力することを決定しました。今回のキャンペーンでは、LGBT(性的少数者:レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)の権利を示すサインとして世界的に知られているピンク・トライアングルをペイントした写真をSNSにおいてアップするなど、意思表示とメッセージの拡散を行います。

All Out は、9月3日(火)に世界各地でアピール活動を行い、何千という人が世界のリーダーたちとプーチン大統領に対して、ロシアの反同性愛者法を撤廃するよう訴えかけます。ラッシュでは、反同性愛法の撤廃を目指して今回のキャンペーンを実施するとともに、これからも自分らしさを表現できる社会の実現をめざして活動を続けます。


≪ロシアにおける反同性愛法 反対キャンペーン概要≫

期間:2013年9月3日(火)~9月8日(日)

URL:http://www.lushjapan.com/contents/supportrights/index.asp

内容:

ラッシュの公式ウェブサイトを通じた、All Outの撤廃アピール署名への呼びかけ
LGBTのシンボル“ピンク・トライアングル”を顔や腕などに描いた写真のSNSにおける投稿募集
ソーシャルメディア上で#SignOfLove #Russia4Loveのハッシュタグを付与したメッセージの拡散


LUSHのエシカルディレクター、ヒラリー・ジョーンズはキャンペーンに当たり、下記の通りコメントしています。

“LUSHでは、個性、多様性、自由を強く信じています。同性愛者のコミュニティは世界中に認められるべきだと考えるため、私たちは共に立ち上がります。愛は、世界で最も素晴らしいものであり、何からも規制されるべきではありません。”

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング