BBDOワールドワイド 6年連続”The Directory Big Won”で首位

PR TIMES / 2013年1月21日 15時17分

世界81カ国で展開する広告・マーケティング会社 BBDOワールドワイドは、広告コミュニケーションのクリエイティブ力の指標として高く評価されているレポート「The Directory Big Won」にて、最も表彰されたネットワークとして、6年連続で首位に選ばれました。



世界81カ国で展開する広告・マーケティング会社 BBDOワールドワイドは、広告コミュニケーションのクリエイティブ力の指標として高く評価されているレポート「The Directory Big Won」にて、最も表彰されたネットワークとして、6年連続で首位に選ばれました。

The Directory Big Wonは、世界中の主要な広告賞における各エージェンシーの受賞数をポイントに換算し、毎年ランキングとして発表されています。2012年は約1,600社のエージェンシーが展開した約4,500の作品・キャンペーンを評価対象としました。

The Directory Big Wonの著者であるパトリック・コリスターは、BBDOについて「Big Wonのエージェンシー・ネットワーク・ランキングのトップになるには、1つか2つの特別に成功したキャンペーンだけではなく、幅広い作品がなければならない。BBDOはマスメディアを使った作品、使わない作品、オフライン、そしてオンラインで、クライアントに最高の作品を提供した。」と評しています。

BBDOワールドワイドの社長兼CEOであるアンドリュー・ロバートソンは、「クリエイティブ賞を獲得する作品と、非常に高い効果を発揮する作品との間には、相関関係があることが証明されている。つまり、最高の作品は最高に機能するということだ。我々は他のどのネットワークよりも、それを強く欲している。」と述べています。

エージェンシー単体としては、ニュージーランドのColenso BBDO(Auckland)が世界で最も多くの広告賞を獲得し、アメリカのBBDO New Yorkが2位に、イギリスのAMV BBDOが4位に、そしてブラジルのAlmap BBDOが11位に選ばれています。上位15社の中で3社以上がランクインしたネットワークは他にはありませんでした。国別のランキングでは、ブラジル、ドミニカ共和国、ニュージーランド、フィリピン、ロシア、アメリカでBBDOが首位となりました。

クリエイティブ・リーダーとしては、BBDO North Americaのデイビッド・ルーバースが2年連続で1位になったほか、Colenso BBDOのニック・ワージントンが2位、BBDO New Yorkのグレッグ・ハーンが5位、AMV BBDOのポール・ブレイジャーが9位に選ばれました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング