フェンディ、ル・ジュルネ・パーティキュリエールにて現代的なサヴォアフェールとクリエイティビティを称賛!

PR TIMES / 2018年10月23日 15時40分

THE CELEBRATION OF FENDI’S CONTEMPORARY SAVOIR-FAIRE AND CREATIVITY AT LES JOURNEES PARTICULIÈRES

フェンディ、LVMHが2011年から開催する展覧会「ル・ジュルネ・パーティキュリエール」にて、現代的なサヴォアフェールとクリエイティビティを称賛!



[画像1: https://prtimes.jp/i/3876/44/resize/d3876-44-543891-1.jpg ]

イタリア・ローマ(Rome)を代表するラグジュアリーブランド フェンディ(FENDI)は、LVMHが2011年から開催し、今年で4回目となる「ル・ジュルネ・パーティキュリエール(Les Journées Particulières)」に参加いたします。レディ・トゥ・ウェアやファーなどのクチュール、レザーグッズ、シューズからフェンディ カーサ(FENDI Casa)に至るまで、メゾンに大切に受け継がれてきた並外れたサヴォアフェールに敬意を表し、2018年10月12日(金)~11月4日(日)まで、フェンディが本拠を置く「イタリア文明宮(Palazzo della Civiltà Italiana)」の1階展示スペースにて展覧会を開催中です。

[画像2: https://prtimes.jp/i/3876/44/resize/d3876-44-258545-0.jpg ]


フェンディは、真のクラフツマンシップの実演を行います。会場には、フィレンツェ(Florence)やポルト・サン・ジョルジョ(Porto San Giorgio)の自社工房から駆けつけた熟練職人たちが集結し、唯一無二の作品をその場で作り、大胆なクリエイティビティと革新性、そして無限の遺産を披露いたします。

伝統とミレニアル世代を代表するアーティストの出会いがバランスを保ち、壁一面をグラフィティアートが飾る会場でファーアトリエの熟練職人たちが廃棄された材料を利用し、彼らのグラフィティアート作品からインスピレーションを得た1点もののファータブレットを制作。現代的、かつモダンなデザインが、伝統と出会うのです。来場者は、壁に自分でグラフィティを描き、セルフィーでシェアすることもできます。

クラフツマンシップの重要性とサヴォアフェールの真価、ハンドメイドの力を次世代へと伝え、創作という魅力的な世界を身近に感じてもうことを目的とした本エキシビション。クラフツマンシップの未来について描いてもらうことはフェンディにとって重要な意味があるのです。


Les Journées Particulières(ル・ジュルネ・パーティキュリエール)
Palazzo della Civiltà Italiana - Quadrato della Concordia, 3 - Rome
開催期間:2018年10月12日(金)~11月4日(日)
営業時間:午前10時~午後8時まで
入場無料

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング