大丸松坂屋百貨店× リクルートライフスタイル× ブログウォッチャー

PR TIMES / 2013年10月15日 17時45分

百貨店業界初!大丸梅田店で、10月15日より 近距離無線通信「Bluetooth」による来場者の行動分析ツールを本格導入!

 株式会社大丸松坂屋百貨店(本社:東京都江東区、代表取締役社長:好本達也、以下大丸・松坂屋)と株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長: 北村吉弘、以下リクルートライフスタイル)、株式会社リクルートホールディングスと株式会社電通のジョイントベンチャーである株式会社ブログウォッチャー(本社:東京都港区、代表取締役:淺野健、以下ブログウォッチャー)は、リクルートライフスタイルが運営をする店舗来店でオトクが貯まって、いつもの買い物が楽しくなるスマホアプリ『ショプリエ』とブログウォッチャーが提供するO2Oソリューション「Profile Passport」を連携した来場者の行動分析ツールを10月15日より大丸梅田店に導入いたします。また、リクルートライフスタイルと共同の販売促進活動も合わせてスタートいたします。



【行動分析ツール導入について】
 本取り組みでは、顧客の店舗内での位置情報(近距離無線通信「Bluetooth」から発信された電波を受信したユーザーの位置情報)をもとに、『ショプリエ』を通じて、商品情報やクーポンの提供方法を検証します。商業施設内での定量的な行動分析及び、情報配信は、今まで技術的に困難(GPSでは屋内での正確な位置情報の捕捉が困難)でしたが、今回のソリューションを用いることで可能となり、本件で得たユーザー行動データは、大丸・松坂屋館内のレイアウトや、導線設計にも将来的に活かせることが期待できます。今後は、より便利で快適なショッピングを顧客に提供できるようなサービスの向上を目指します。
※取得データは、『ショプリエ』アプリDL時に、位置情報取得の許諾をしたユーザーに限ります

●【実施期間】2013年10月15日(火)~12月31日(火)
●【対象店舗】大丸梅田店

■実施施策1. Bluetoothによる来訪者の行動分析
<概要>
「Bluetooth」を設置し、『ショプリエ』アプリを通して、ユーザーの会場内の行動をモニタリング&ユーザーの行動分析。「Bluetooth」の電波をスマホがバックグラウンドの状態で検知。アプリを起動していないユーザーについても屋内の行動を分析可能。
<取得データ>
・来訪者数(時間帯、属性別)
・滞在時間
・店内の行動パス
・来訪頻度等

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング