Yahoo! JAPANとマネーフォワードが業務提携 日本最大級の金融情報の総合サイト「Yahoo!ファイナンス」公式アプリ上で、「資産管理」機能の提供を開始

PR TIMES / 2014年9月8日 11時1分

日本最大級の金融情報の総合サイト「Yahoo!ファイナンス」公式アプリ上で、「資産管理」機能の提供を開始

株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO 辻庸介、以下「マネーフォワード」)とヤフー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮坂 学、以下「Yahoo! JAPAN」)は業務提携し、本日、スマートフォンアプリ「Yahoo!ファイナンス」上で「資産管理」機能の提供を開始しました。本機能は、まずiPhone用アプリに搭載し、将来的には他のデバイスへの展開も視野に入れています。

Yahoo!ファイナンス公式アプリプロモーションページ
http://info.finance.yahoo.co.jp/pr/finance_app




本機能は、銀行預金、株式、投資信託、FXなど複数金融機関の保有資産情報を一元管理できるサービスです。はじめに金融機関の口座情報を登録するだけで、保有資産の情報が毎日自動的にアップデートされますので、ユーザーは面倒な更新作業をすることなく、最新の保有資産状況をスマートフォン上で気軽に確認できます。さらに「Yahoo!ファイナンス」公式アプリの豊富なコンテンツを通じて、保有資産に関連するニュースや指数情報をまとめてチェックすることができます。

<Yahoo!ファイナンス公式アプリ 「資産管理」機能の特長 >
1. 資産全体の状況が一目でわかる『資産総額』
複数の金融機関の口座情報を一元管理し、資産全体の資産総額、前日比、評価損益、目標金額、達成率、時系列推移など金額とグラフで一覧できます。

2. 株式、投資信託、FXなどの取引を自動で記録
株式、投資信託、FXなどの取引を自動で記録することができ、銘柄別(FXは通貨ペア別)に、評価額、評価損益、損益推移、前日比等の詳細情報を確認できます。さらに国内株式はリアルタイム株価ページと連携しているので売買のチャンスを見逃しません。

3. 目標金額の設定で資産運用のモチベーションアップ
資産運用の目標金額を設定することができます。目標金額までの残りの金額表示や目標達成率を表示することで資産運用のモチベーションを高めることが可能になります。


<マネーフォワードAPIの提供 >
マネーフォワードは、本サービス提供に合わせて、外部パートナーに対して、家計・資産データのAPI提供を開始します。これにより、ユーザー自身が許可すれば、外部パートナーが提供するサービス上で、マネーフォワードの家計・資産データを活用したサービスを利用できるようになります。マネーフォワードは、今回のYahoo! JAPANとの連携を皮切りに、「個人のお金に関する課題を解決する」というビジョンを共有することができる様々なパートナーと連携し、ユーザーの課題解決に役立つサービスの提供を加速してまいります。なお、API提供は、マネーフォワードの提携パートナーに限定されます。API提携に関するお問い合わせは、メールアドレス:api.partner@moneyforward.comまでご連絡ください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング