企業内の画像・動画・資料を一括管理、手軽に共有

PR TIMES / 2013年7月18日 9時23分

- クラウド型コンテンツ管理サービス「shelf」販売開始 -

 アマナグループにおいてビジュアル・コミュニケーション事業の企画・プロデュースを手がける株式会社アマナ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:澤幸宏)は、この度、企業が保有するビジュアル素材やドキュメントファイルの管理、共有、活用をサポートするクラウド型コンテンツ管理サービス「shelf(シェルフ)」を開発。2013年7月より本格的に販売開始いたします。



 近年のデジタル化の流れによって、企業は大量のデジタルコンテンツを自社で保有するケースが増え、効率的な運用体制を早急に整える必要が出てきました。そこでアマナは、商品画像や販促動画、ロゴ、マーケティング資料などあらゆるコンテンツを簡単な操作で管理、共有できる「shelf」を開発。今後も、営業、販促に活用できる電子カタログやアプリ制作など、外部サービスとの連携を強化することによってコンテンツを有効活用するサービスを提供してまいります。
 
・ スーピーディーかつ低コストで導入できるクラウドサービス
・ 利用者にとって使いやすい、直感的な操作を可能にしたデザイン
・ 管理者にとって安心便利なセキュリティ設定とカスタマイズ機能
 
 アマナは、年間1万件の広告ビジュアル制作実績や、2千万点のストックフォト販売で培われたノウハウを生かし、今後もビジュアル管理やクリエイティブ活動をサポートするサービスを提供してまいります。
 
 
■ サービス概要
サービス名:      shelf(シェルフ)

販売開始:       2013年7月

サービスサイトURL:  https://shelf.amana.jp/

利用者基本機能:   ・コンテンツのダウンロード、転送、PDF出力
          ・ドラッグ&ドロップによる直感的な操作性かつ使いやすいインターフェイス
          ・画像、動画、音声ファイルの自動プレビュー
          ・良く使うコンテンツをスクラップ「お気に入り機能」
          ・販促、営業ツールに最適な電子カタログ制作サービスとの連携
          ・日英2カ国語対応

管理者基本機能:   ・URL、企業ロゴ、TOPページのオリジナル設定
          ・利用者権限、公開期間設定で安全な運用を実現
           ・利用者の検索を容易とする各種設定
           ・利用者の閲覧、利用履歴を取得し動向を把握

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング