ユニセフ・WHO最新の報告書を発表

PR TIMES / 2013年5月15日 9時44分

[[ トイレが使えない人は、3人に1人 ]] このままでは、ミレニアム開発目標の達成は困難



※本信は、5月13日にユニセフが発表したプレスリリースを元に日本ユニセフ協会が作成・配信しています
本報告書は、水とトイレの利用に関する国連ミレニアム開発目標の進捗状況を確認するため、
国連が毎年発行しています。報告書全文と国別の統計(英文)は、
http://www.wssinfo.orgからダウンロード可能です。



【2013年5月13日 ジュネーブ・ニューヨーク発】
ユニセフと世界保健機関(WHO)は、新たな共同監査プログラム(JMP)報告書を発表。
『衛生施設と飲料水の前進:2013』と題するこの報告書は、現状の取り組みのままでは、
ミレニアム開発目標(MDGs)達成目標年の2015年時点で改善された衛生設備(以下、トイレと記載)
を使えない人は、世界人口の3分の1にあたる約24億人に上るとしています。


MDGsは、2015年までに、トイレが使えない人の割合を1990年時点と比べ半減するという目標を

掲げていますが、本報告書は、現状の取り組みのままではこの目標の達成は厳しく、
新たに5億人への支援が必要と指摘しています。


■ 取り組みが遅れている”トイレ”の分野
ユニセフとWHOは、昨年、ミレニアム開発目標の指標のひとつ「安全な飲料水を使えない人々の割合を半減する」という目標が、

2015年の目標達成期限より早く2010年時点で達成されたことを発表しました。しかしこの一方で、今回の報告でも指摘されたとおり、“トイレ”の分野の取り組みは立ち遅れており、一層の取り組みが強く求められています。


◆最新の統計の要点(2011年版より)


・トイレが利用できる人は、1990年時点と比べ、約19億人増加し、世界の人口の約3分の2(64パーセント)となった。


・トイレを利用できない人は約25億人。このうち7億6100万人が公衆トイレや共同トイレを利用し、 6億9300万人が、衛生面で最低限の基準をも満たせないトイレを利用している。

・2011年現在、10億人が屋外で排泄を行っている。そのうち90パーセントは農村部となっている。


・2011年末までに、世界の89パーセントの人々が改善された水源を利用し、 55パーセントは水道を利用している。一方で、7億6800万人が、飲料水として改善された水源を利用できず、そのうち1億8500万人は、日々、池や川などの水しか利用できない。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング