1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ポート株式会社、財務・IR管掌の執行役員就任のお知らせ

PR TIMES / 2021年7月6日 16時32分

~企業価値向上に向けた財務・IR体制の強化~

ポート株式会社(代表取締役社長 春日博文、所在地:東京都新宿区、以下:当社)は、経営体制の強化と企業価値向上に向けたIR体制の拡充及び財務機能の強化に向けて、2021年7月1日付で辻本拓が執行役員に就任したことをお知らせいたします。辻本は時価総額数千億円規模の企業でのIRや、東証一部上場企業の取締役CFOとしての経験を活かし、当社の財務IR責任者として、資本市場との積極的な対話やファイナンス戦略等を担っていきます。




就任の背景

当社は「世界中に、アタリマエとシアワセを」をミッションに掲げ、社会課題に対して、テクノロジーとマーケティングを活用し、解決していくことを目指しています。

そして、2020年9月18日に中期経営計画を発表し、2023年3月期に売上高100億円、EBITDA20億円という業績目標を掲げ、その後もCAGR30%以上の継続的な成長を目指しています。

そのような方針のもと、継続的な成長をしていくために、株式市場での認知度向上と会社の理解促進を図るIRの重要性が一層高まっております。そこで、東証一部上場企業で取締役CFOとして企業価値向上に携わってきた辻本を迎えることで、IRの強化を図り、企業価値向上に向けた取り組みを積極的に行って参ります。今後は、取締役副社長の丸山と辻本の2名体制でIR活動を積極的に展開して参ります。


執行役員 辻本拓の略歴

1998年4月 株式会社キーエンス入社
2003年2月 株式会社テレウェイヴ入社 経営企画室課長代理
2005年4月 同社経営企画室長
2007年10月 株式会社都市デザインシステム(現 UDS株式会社)入社 経営企画部マネージャー
2012年9月 シュッピン株式会社入社 広報・IRマネージャー
2014年6月 同社経営企画室長
2016年6月 同社取締役コーポレート戦略本部長
2018年4月 同社取締役上席執行役員CFOコーポレート戦略本部長
[画像: https://prtimes.jp/i/16325/45/resize/d16325-45-ea8abcc19783aa51f1a9-0.jpg ]



執行役員 辻本拓 決意表明

これまで、成長フェーズの企業において経営企画、IRを中心に業務を経験し、2012年~2021年6月まで在籍したシュッピン株式会社においては、東証マザーズ上場時からIR活動を積極的に行い、企業価値向上に努め、2015年の東証一部市場変更、2016年から取締役として投資家との対話に従事して参りました。

このたび、当社に執行役員財務IR責任者としてジョインさせていただき、これまでの経験を活かし、IR体制を強化、投資家との対話をより密に行い、適正な企業価値評価につながるよう取り組んで参ります。


代表取締役社長 春日博文 コメント

当社は、中期経営計画達成及びその後の継続的な成長をしていくために、IRの組織体制の拡充が目下の課題でもありました。今回、東証一部上場企業でCFOのご経験がある辻本を迎えることで、資本市場との対話等、積極的なIR活動を展開していくことができると考えております。今後も、経営陣が一丸となって、企業価値向上に向けて取り組んで参ります。


ご挨拶のお知らせ

社主催の個人投資家様向けの説明会にて、辻本の紹介をさせていただきます。
ぜひご参加いただけますと幸いです。
2021年7月12日(月)19:00-20:00
申込はこちら: https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_roj9xEhuRU-EK3q4Wb39nw

ポート株式会社とは

「世界中に、アタリマエとシアワセを。」をミッションに掲げ、テクノロジー×リアル産業で社会解決の課題に取り組むIT企業。主に就職領域、カードローン領域、リフォーム領域等、各領域に特化したメディアを展開し、ユーザーが抱える悩みに対して情報提供し、アクションまで促進している。


会社概要

会社名 :ポート株式会社
所在地 :東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー12F
代表者 :代表取締役CEO 春日博文
設 立 :2011年4月
資本金 :827百万円(2021年3月末時点)
URL : https://www.theport.jp/


本件に関するお問い合わせ

ポート株式会社
コーポレートサイト: https://www.theport.jp/
E-mail: pr@theport.jp TEL:03-5937-6731

※全社原則在宅勤務を実施しており、お電話が通じにくくなる可能性がございます。
お問い合わせはE-mailまでお願いできますと幸いです。




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング