1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

AI生産スケジューラ「最適ワークス」による中小製造業向けDX支援事業が経済産業省ものづくり補助金〔ビジネスモデル構築型〕に採択

PR TIMES / 2021年7月16日 10時45分

【先着35社限定】初期導入費+年間利用料 90万円→30万円(66%off)で導入可能!

製造業を中心に250件以上のDX支援実績を持つ株式会社スカイディスク(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長兼CEO:内村 安里、以下「スカイディスク」)は、「この製品を・何個・いつまでに」というオーダー情報から設備・人員の最適な割り当て計画をAIが立案する、AI生産スケジューラ「最適ワークス」を開発しております。
この度、本サービスによる中小製造業向けDX支援事業が、ものづくり補助金〔ビジネスモデル構築型〕に採択されました。本補助事業とIT導入補助金2021をご利用いただくことにより、最適ワークスが66%offで導入可能となります。

2021年7月27日(火)・8月18日(水)には、上記補助金利用での導入に関する無料オンラインセミナー( https://skydisc.jp/information/3181/ )を開催いたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/22401/45/resize/d22401-45-fa26a24897dd9aa50508-0.png ]


■最適ワークスとは
製造業を中心に250件以上のDX支援実績を持つ株式会社スカイディスクが開発した、生産計画最適化ソリューションです。「どの製品を・何個・いつまでに」というオーダー情報から設備・人員の最適な割り当て計画をAIがサクッと立案。独自開発エンジンにより月額5万円~という圧倒的コストパフォーマンスを実現しました。
2021年7月下旬より、一部の企業様へクローズドβ版の提供を開始。2021年10月に正式版をリリース予定です。

・最適ワークス 製品サービスページ
URL: https://saiteki.works/

・サービス説明動画をご用意しましたのでぜひご覧ください。
URL: https://youtu.be/Y9m3o9iNwV0

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=Y9m3o9iNwV0 ]



■最適ワークス開発の背景
製造業にとって、生産計画は生産性向上のために不可欠なもの。計画作成にかかる手間もさることながら、その計画が最適かどうかで、原材料手配、製造リードタイム、納期や在庫管理も変わります。
多くの製造現場では、計画(工程)マンと呼ばれる職人が特有・複雑な制約条件を考慮した上で、カンと経験に基づいて日々計画を手作業で作成。その負担に加え、業務の属人化も大きな問題となっています。
QCD(※1)の改善に必須であるにも拘らず、中小製造業において生産計画立案システム(以下、「生産スケジューラ」)の導入は進んでいません。

私たちスカイディスクは、「自社の工程管理は複雑だからシステム化に向かない」「数千万円規模の投資はとても無理」など、生産計画の重要性を認識しながらも、システム化自体をあきらめた企業様の声をたくさん聞いてきました。
製造業を中心に250件以上のDX支援実績を活かし、中小製造業でもスモールスタートしやすいプロダクトとして、2020年より開発を進めてまいりました。

そしてこの度、AIを活用したSaaSプロダクトとして、月額5万円~導入可能なAI生産スケジューラ「最適ワークス」の提供を開始いたします。ものづくり補助金の対象事業として、まだ手付かずとなっている中小製造業様のDX推進に邁進してまいります。


■補助金活用による支援価格について
【補助内容】
・ものづくり補助金 支援内容

最適ワークスの初期セットアップ(通常30万円~相当)
最適ワークスの試運用とAI生産スケジューラ導入効果の提示
事業計画策定支援


・IT導入補助金 登録済プラン

最適ワークスの月額利用料 1/2補助(1年間)


【価格比較】期間:12カ月
[表: https://prtimes.jp/data/corp/22401/table/45_1.jpg ]



・ライトプランは中小企業様向け通常プラン、ベーシックプランは大企業様向け通常プランとなります。ただし、中小企業様でも登録データ数(設備・スタッフ・条件の数など)によってはライトプラン適応外となる場合がございます。
・ものづくり補助金 補助事業への参加、及びIT導入補助金を利用してサービス導入した場合の価格比較です。
・「ものづくり補助金 補助事業への参加のみ」「IT導入補助金利用のみ」にも対応可能ですので、詳細はお問い合わせください。

【対象】
製造業 中小・小規模事業者 35社まで(※2)
・資本金:3億円
・従業員数(常勤):300名以下

【期間】
2021年7月より支援先中小企業の募集・選定。枠が埋まり次第、募集終了となります。

【詳細・お申し込み】
まずはオンラインデモ会にお申し込みください。
URL: https://skydisc.jp/information/3189/


■補助金活用オンラインセミナー開催
生産スケジューラ導入や補助金活用についてのオンラインセミナーを開催します。

<中小製造業様、必見!>
補助金利用でお得に始めるDX
~AI生産スケジューラで計画業務の効率化支援~

日程 : 2021年7月27日(火)・8月18日(水)
時間 : 11:00~12:00
場所 :Zoom配信
参加費 : 無料(事前登録制)
詳細・申込: https://skydisc.jp/information/3181/

セミナーでは、製造業各社様で生産スケジューラ導入が進まない理由に合わせて、「最適ワークス」がそれらの失敗理由をどう解消するのかをご説明いたします。
また補助金を活用したお得な導入プランもご紹介いたしますので、この機会にぜひご参加ください。


【補助金 概要】
・ものづくり補助金
令和元年度補正 ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金 [ビジネスモデル構築型](通称:ものづくり補助金)は、民間サービスとして継続的に30者以上の中小企業のビジネスモデル構築・事業計画策定を支援する、拡張可能な先駆的プログラムの立ち上げを後押しするものです。経済産業省・中小企業庁が実施しています。
最適ワークスによる中小製造業向けDX支援事業が、本補助金事業に採択されました。

・IT導入補助金
IT導入補助金は、申請者が自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウェア)を導入する経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートするものです。
最適ワークスの各種プランが対象のITツール(通常枠A類型 補助率1/2以内)として登録済です。
公式サイト: https://www.it-hojo.jp/first-one/


※1  Quality(品質)・Cost(コスト)・Delivery(納期)
※2 その他諸条件あり、詳細はお問い合わせください。

【株式会社スカイディスク 会社情報】
会社名:株式会社スカイディスク
URL: https://skydisc.jp/
本社所在地:福岡県福岡市中央区舞鶴2-3-6 赤坂プライムビル4F
代表者:内村 安里(代表取締役社長 兼 CEO)
設立:2013年10月1日
事業内容:AIを活用したDX支援

【Copyright/商標】
※ 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。
※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング