1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ウインドリバー、ベクター社と共同で先進運転支援システム(ADAS)と自動運転を変革

PR TIMES / 2021年4月26日 12時15分



カリフォルニア州アラメダ発 ― 2021年4月20日 ― インテリジェントエッジ向けソフトウェアを提供する世界的なリーダー、ウインドリバーは、ソフトウェアと自動車テクノロジーの専門企業であるベクター社(*1)と協業し、AUTOSAR Adaptive標準規格ベースの先進運転支援システム(ADAS)および自動運転の開発にサービス指向アーキテクチャ(SOA)機能を提供することで、車載システムの機能強化と長期にわたる価値の向上に継続的に取り組むことを発表しました。

この共同ソリューションは、ベクター社のAUTOSAR Adaptiveテクノロジーと、VxWorksリアルタイムOS(RTOS)がバンドルされた新しいWind River Studioで構成されます。Wind River Studio(*2)は、ミッションクリティカルなインテリジェントシステムの開発、デプロイ、運用、サービスに対応した業界初のクラウドネイティブプラットフォームです。このソリューションを組み合わせることで、ハード・リアルタイム性およびディターミニスティック性能を必要とするセーフティクリティカルなアプリケーションをサポートし、自動車メーカーがSOAコンポーネントを提供して、ミックスドクリティカルな環境に対応できるようになります。

家電産業のイノベーションサイクルの加速を背景に、消費者の自動車に対する期待も大きく変わりつつあります。従来の電気/電子アーキテクチャからさらに進化した自動車へと、消費者の期待と需要が高まっています。ハイブリッド車や電気自動車などの電動化車両(xEV)とADASシステムがこの傾向に拍車をかけ、2030年までにはxEVが自動車市場の51%を占めると予測されています。(*3)これに伴い、自動車業界では、これまでの機能固定型の物理的な電子制御ユニット(ECU)から、様々なサービスが提供可能なインテリジェントECUへと進化させる動きを加速させています。

サービス提供型のインテリジェントECUでは、現在ドメイン毎に分散配備されている制御機能や装備機能を統合することができます。これにより自動車メーカーは、ECUの複雑さを軽減し、クラウドとの通信によるコネクテッドサービスによってクルマの価値と寿命を延ばすことができます。また、Software-as-a-Serviceの提供により、自動化されたオペレーションを増やし、各種機器で生成されたデータを活用してデータドリブンな意思決定を加速することができます。このECUに対する大きな転換は、共通の通信規格をもつサービスインターフェイスを介して、ソフトウェアコンポーネントの再利用方法を定義するSOAと呼ばれるキーテクノロジーによって実現されます。

ウインドリバーの最高製品責任者(CPO)、キーラ・リチャードソンは次のように述べています。「自動車業界は、消費者に新たな機会を提供する上で障害となる技術的課題を解決するために、デジタルトランスフォーメーションへと移行しつつあります。SOAアプローチにより、自動車メーカーは複雑さを軽減し、ソフトウェアを最大限再利用することが可能になります。これは、自動車のライフサイクル全体での開発、展開、管理をより迅速かつ効率的に進めることにつながります。ベクター社との協業により、当社は様々なサービスが提供可能なインテリジェントエッジシステムを構築するための、検証済みで市場ニーズに対応したソリューションを自動車メーカーに提供し、自動運転車の市場投入と展開の加速を支援します。」

ベクター社のビジネスディベロップメント・セールスマネージャー、マルクス・エルテル氏は次のように述べています。「AUTOSAR Adaptiveなどの標準規格に則った安全で信頼性の高いソリューションによって、企業は自動運転システムをより迅速に構築できるだけでなく、サプライチェーン内での技術の相互運用性を高めることができます。ウインドリバーのような強力なパートナーと協力することで、自動運転システムに求められる数多くの難易度の高いニーズに対応し、お客様のより早い市場参入を支援します。」

SOAを使用することにより、車載ソフトウェア開発者は、設計から開発、検証、ソフトウェアのデプロイ、機能の継続的アップグレード、ソフトウェアの更新に至るまで、様々なサービスを提供できるインテリジェントECUのライフサイクル全体に対応することができます。将来的には、企業の運用においてSOAをデジタルフィードバックループの隣接テクノロジーとして使用し、常に車両との接続を維持してECUからのテレメトリ情報を監視することでリアルタイムアクションを実現し、顧客に新しい動的なサービスを提供できるようになります。

ベクター社について
ベクター社は、電子システムおよび関連ネットワークの開発用ソフトウェアツールおよびコンポーネントを提供するリーディングカンパニーであり、CANからイーサネットまで幅広いシステムを提供しています。1988年の創業以来、自動車業界および関連する業界のメーカーやサプライヤーの頼れるパートナーとして活動を続けています。ADASや自動運転といった要求が高く非常に複雑な対象分野を、できるだけ簡単でわかりやすいものにするために、開発エンジニアに決定的な優位性をもたらすツールおよびサービスを提供しています。

ウインドリバーについて 
ウインドリバーは、インテリジェントエッジ向けソフトウェアを提供する世界的なリーディングカンパニーです。そのテクノロジーは1981年から世界で最も安全でセキュアなデバイスに搭載され、20億を超える製品に使用されています。包括的なポートフォリオは、ワールドクラスのグローバルなプロフェッショナルサービスとサポート、広範なパートナーエコシステムに支えられています。ウインドリバーのソフトウェアと専門性は、最高水準の安全性、セキュリティ、パフォーマンス、信頼性が要求される重要インフラシステムのデジタルトランスフォーメーションを加速しています。詳細については、ウインドリバーのサイトをご覧ください。 
https://www.windriver.com/japan/

*1: https://www.vector.com/us/en-us/
*2: https://www.windriver.com/japan/studio
*3:BCG, Who Will Drive Electric Cars to the Tipping Point?
https://www.bcg.com/en-us/publications/2020/drive-electric-cars-to-the-tipping-point


# # #

※Wind Riverは、Wind River Systems, Inc. および同社の関連会社の商標または登録商標です。記載されているその他の商標は、各所有者に帰属します。

※本プレスリリースは2021年4月20日に発表したプレスリリースの抄訳です。
https://www.windriver.com/news/press/news-20210420

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング