【9月23日は「不動産の日」】中古購入+リノベーション経験者へ、住まいへの満足度や入居後の変化について調査を実施

PR TIMES / 2020年9月17日 12時45分

7割が再びリノベーションを希望! 中古マンションに対する不安で上位にあがる 「建物の性能・コンディション」の満足度も6割を超える結果に

 テクノロジーを活用したリノベーション・プラットフォーム事業を全国で展開する国内No.1(※1)のワンストップ・リノベーション事業者であるリノべる株式会社(本社:東京都渋谷区渋谷、代表取締役:山下 智弘、以下 リノべる)は、リノベるにて中古マンションを購入しリノベーションを行った20代~60代のお客様195名に対して、入居後の変化、満足度、住み替えの意識について調査を実施しました。また新築マンション購入者に対し同様の項目で調査を行い、参考値としてグラフに記載しました。
 現在、コロナ禍において、おうち時間や暮らし、住まいへの関心が高まっています。多くの方が暮らしや住まいに向きあい始めた今、一足先に暮らしに向き合って住まいづくりをされた方々の声が、これからの住まい選びの参考になればと考え、「不動産の日」に合わせて本調査を発表いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/49400/45/resize/d49400-45-469291-0.jpg ]



----------------------------------------------

【調査サマリ】

■住まいに関する満足度
フルオーダーメイドの住まいと中古マンションの立地の優位性・選択肢の多さに起因する項目が満足度上位にランクイン
中古マンションに対する不安で上位にあがる「建物の性能・コンディション」への満足度も6割を超える結果に
・実現したい暮らしから逆算した「間取り」「デイン・素材」「住宅設備」により満足度は約9割
・中古マンションの立地の優位性・選択肢の多さに起因する項目として「通勤・通学の利便性」(81.5%)「周辺の生活環境」(80.5%)も高い満足度を記録した。
・購入前にマンションのコンディションなどを把握することによる安心感が、「建物の性能・コンディション」への満足度に繋がった結果に

■住み始めた後の変化
おうち時間の質向上と、暮らしを積極的に楽しむ項目が上位にランクイン
・こだわり抜いた住まいででおうち時間が充実し、家事も楽しく快適に
└1位「家でリラックスできるようになった」7割、2位「家への愛着がわいてきた」6割
└8位「家事が楽しくなった」9位「料理をすることが増えた」各4割
・おうち時間を積極的に楽しむ項目も上位にランクイン
└「家に人を招き入れるようになった」「家具やグリーンなどインテリアを楽しむようになった」も4割超

■住み替えする際の選択肢
現在の住まいの満足度から、7割が再びリノベーションを希望
・7割が住み替え後も「中古マンション購入+リノベーション」を希望!さらに5割が「中古戸建購入+リノベーション」を希望する結果に

----------------------------------------------

【調査結果】

■住まいに関する満足度
フルオーダーメイドの住まいと中古マンションの立地の優位性・選択肢の多さに起因する項目が満足度上位にランクイン
中古マンションに対する不安で上位にあがる「建物の性能・コンディション」への満足度も6割を超える結果に
・実現したい暮らしから逆算した「間取り」「デザイン・素材」「住宅設備」により満足度は約9割
・中古マンションの立地の優位性・選択肢の多さに起因する項目として「通勤・通学の利便性」(81.5%)「周辺の生活環境」(80.5%)も高い満足度を記録した。
・購入前にマンションのコンディションなどを把握することによる安心感が、「建物の性能・コンディション」への満足度に繋がった結果に
[画像2: https://prtimes.jp/i/49400/45/resize/d49400-45-517060-1.jpg ]

 こだわりの詰まった住まいを実現し、”自分らしい暮らし”を叶えられることがリノベーションの醍醐味ですが、今回の調査ではそんな暮らしを実感し、満足しているという結果が見られました。特に「間取り(生活導線、お部屋のレイアウトなど)」(90.3%)、「デザイン・素材」(89.7%)、「住宅設備(キッチン、お風呂、トイレなど)」(88.7%)は約9割を記録しました。「間取り」や「住宅設備」が改善することで、家事が楽になったり時短になり、日々生活する上で満足を実感しやすくなったのだと推測できます。用地が豊富な時代に建てられた築年数の長い中古マンションほど、駅近などの立地の優位性が高いものが多い。さらに直近4年は中古マンション成約件数が新築マンション新規供給戸数を超えるなど、選択肢が増える傾向にあるため「通勤・通学の利便性」(81.5%)「周辺の生活環境」(80.5%)も高い満足度を記録しました。

 一方で、国土交通省の発表(※2)によると、新築分譲マンションを購入した方の「中古住宅にしなかった理由」でを聞いて3位「隠れた不具合が心配だったから」、4位「耐震性や断熱性など品質が低そうだから」が上位にランクインするように、一般的には中古不動産購入の不安要素として挙げられるのが「建物の性能・コンディション」です。しかしながら、今回は62.6%と高い満足度を記録しました。いくつか要因はありますが、リノベーションのプロが物件探しに寄り添い、コンディションなど状況をしっかりと確認し、納得して購入することが納得感や安心感に繋がり、満足度が促進されたと考えられます。建物のコンディションなどについては、資産価値にも影響をするので、事前にしっかりと確認をすることが大切ですね。


■住み始めた後の変化
おうち時間の質向上と、暮らしを積極的に楽しむ項目が上位にランクイン
・実現したい暮らしを考えてつくった住まいだからこそおうち時間が充実し、家事も楽しく快適に
└1位「家でリラックスできるようになった」7割、2位「家への愛着がわいてきた」6割
└8位「家事が楽しくなった」9位「料理をすることが増えた」各4割
・おうち時間を積極的に楽しむ項目も上位にランクイン
└「家に人を招き入れるようになった」「家具やグリーンなどインテリアを楽しむようになった」も4割超
[画像3: https://prtimes.jp/i/49400/45/resize/d49400-45-167048-2.jpg ]

 リノベーションを通して自分らしい住まいを手に入れた方は、どのような変化を感じているのでしょうか?まず、突出した数値を記録したのが「家でリラックスできるようになった」(73.8%)、「家での愛着がわいてきた」(66.2%)の2項目でした。他の項目からも、家で過ごす時間の質が向上したことがわかる結果となりました。また、家への愛着は、大切に使うという意識につながります。長期的に見ると資産価値の維持にも良い影響を与えそうです。

 さらに「家に人を招き入れるようになった」(42.6%)、「家具やグリーンなどインテリアを楽しむようになった」(44.1%)という自身の暮らしをより積極的に楽しむ姿勢が見られました。当社のお客様から「リノベーションしてから、インテリアが好きになった」というお声もいただくことがありますが、こだわりぬいた住まいだからこそ、より楽しく感じられている様子が伺えます。「キッチンやお風呂など水回りが快適になった」(57.4%)「広々と暮らせるようになった」(45.6%)「家事が楽しくなった」(40.5%)などのハード面に関しては、自身の生活導線に合わせてデザイナーとつくり上げた間取りのため、快適さも増した結果となりました。


■住み替えの選択肢
現在の住まいの満足度から、7割が再びリノベーションを希望
・将来住み替えをするなら「中古マンション購入+リノベーション」を7割が希望!さらに5割が「中古戸建購入+リノベーション」を希望する結果に
[画像4: https://prtimes.jp/i/49400/45/resize/d49400-45-179982-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/49400/45/resize/d49400-45-214374-4.jpg ]

 今回の調査では、どの設問も非常に高い満足度がみられる結果となりましたが、住み替えについてはどのように考えているでしょうか?
 「中古マンション購入+リノベーション」購入者で、住み替え済み・住み替えを検討中・住み替えの可能性があるとお答えいただいた方に対し、次の住まいの選択肢を聞いたところ、1位「中古マンション購入+リノベーション」(70.4%)、2位「中古戸建購入+リノベーション」(52.2%)となり、多くが再びリノベーションを希望する結果となりました。。先述の通りリノベーションへの満足度が高かったことや、参考データ中のリノベーションを選んだ理由として「新築よりも資産の目減りが少ないので、売却や賃貸もしやすい」は、4人に1人が回答している通り、資産としてのメリットも多く、2度、3度とリノベーションを経験する方も増えていくものと考えられます。

 内閣府の発表(※3)にもあるようにコロナ禍において3人に1人がテレワークを経験し、多くの方がご自宅での在宅時間が長くなることで、住まいに対して関心が高まっています。withコロナの時代、そして「不動産の日」をきっかけに今一度、住宅について考えてみてはいかがでしょうか。

▼調査概要

「中古マンション購入+リノベーション」購入者へのアンケート
調査方法:webアンケート方式
調査対象:リノベるにて「中古マンション購入+リノベーション」を実施した方
サンプル数:195名
調査実施日: 2020年8月7日(金)~2020年8月17(月)
調査主体:リノベる株式会社

「新築マンション」購入者へのアンケート
調査方法:webアンケート方式
調査対象:過去10年、新築マンションを東京で購入した20~59歳の方
サンプル数:215名
調査実施日:2020年8月21日(金)~2020年8月23日(日)
調査主体:リノベる株式会社

※ 本リリース内容を掲載いただく際は、出典「リノベる調べ」と明記をお願いいたします。

▼参考データ

[画像6: https://prtimes.jp/i/49400/45/resize/d49400-45-455251-5.jpg ]

▼リノベる株式会社について

 2010年より中古マンション購入とリノベーションのワンストップサービス「リノベる。」をスタート。リノベーション空間を備えたショールームを日本全国各地に展開し、物件探しから住宅ローン、リノベーションの設計・施工・インテリアまで、中古住宅購入とリノベーションの一連の流れをワンストップでサポートしています。また「都市創造事業」として、一棟リノベーション・コンバージョン、商業施設・オフィス設計など事業者向け不動産再生事業を行っています。人が集まる空間をデザインし、まちの魅力を高め、まちと人をつなぐ。企画、建築設計、施工をサポートし、未来に続く価値を生み出します。累計3,000戸超のリノベーション実績によって蓄積されたノウハウと、日本全国の不動産から工務店、金融機関まで網羅するネットワーク、積極的なテクノロジー活用で、中古住宅購入とリノベーションのワンストップサービスにおいて国内No.1の実績を有しています。
[画像7: https://prtimes.jp/i/49400/45/resize/d49400-45-583463-6.jpg ]


 さらに、そこから得られたデータ・知見をもとにリノベーション業界に特化したプロダクトを開発、業界に提供するプラットフォームサービスを展開しています。2019年9月には、株式会社MFSと共に、リノベーションの住宅ローンマッチングに特化した合弁会社「モゲチェック・リノベーション株式会社」を設立。不動産、建築、金融の領域で、テクノロジーの活用とオープン化を推進しています。


※1 ワンストップ型リノベーション件数(リフォーム産業新聞社刊『中古住宅市場データブック2015』)
※2 国土交通省「令和元年度 住宅市場動向調査」(2020年3月13日)
※3 内閣府「新型コロナウイルス感染症の影響下における生活意識・行動の変化に関する調査」(2020年6月21日)

▼会社概要

会社名:リノべる株式会社
代表:代表取締役 山下 智弘
資本金・資本剰余金:24億3,986万円
設立:2010年4月
所在地:本社 東京都渋谷区渋谷3丁目10番13号 TOKYU REIT渋谷Rビル
事業内容:テクノロジーを活用したリノベーション・プラットフォーム事業、マンション・戸建てのリノベーション、一棟リノベーション・店舗・オフィス・商業施設の設計施工及びコンサルティング
コーポレートサイトURL: https://renoveru.co.jp/
「リノベる。」サービスサイトURL: https://www.renoveru.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング