1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

からあげグランプリ(R)7年連続最高金賞&金賞受賞の「うみんちゅ」と共同開発!本格派「油淋鶏たれ」新発売!

PR TIMES / 2021年9月29日 14時45分

~お店の味がご家庭で楽しめる~

株式会社ベイシア(本社:群馬県前橋市、代表取締役社長:橋本浩英)は、「一般社団法人日本唐揚協会」が主催する「からあげグランプリ(R)」7年連続最高金賞&金賞を受賞した人気居酒屋店「うみんちゅ」(群馬県前橋市)と共同開発した「うみんちゅ監修 油淋鶏たれ」を、9月29日(水)より関東地方のベイシア各店舗※(ベイシアマートを除く)にて新発売いたします。同商品は、「うみんちゅ」店主の山本真悟さんに監修いただき、当社人気商品である「油淋鶏」「油淋鶏弁当」で使用しているたれをご家庭で味わえるよう、約2年かけて共同開発。コロナ禍で、ご自宅で料理をする機会が増えたという方も多い中、普段の食卓で手軽にお店の味が楽しめます。
今回、新発売に際し、「うみんちゅ」山本さんより「油淋鶏たれ」を使用した油淋鶏レシピを直伝いただきました。ぜひご家庭でお楽しみください。
※群馬県・福島県・栃木県・埼玉県・千葉県・茨城県・東京都・神奈川県の店舗



◆商品概要

[画像1: https://prtimes.jp/i/69349/45/resize/d69349-45-b3caa3d2b9ea5193f298-0.png ]


<商品名>
うみんちゅ監修 油淋鶏たれ
<価格>
398円(税込429円)
<販売店舗>
9月29日より関東地方のベイシア各店の
惣菜コーナーにて新発売(ベイシアマートを除く)


◆商品のこだわりのポイント!
こだわりその1:野菜の風味と酸味が調和
お店の味の再現を目指して、お醤油やお酢をベースに香味野菜の風味やレモン果汁の酸味を調和。さらにオニオンの香味油と乾燥ねぎを使用し、香りと食感が楽しめるたれに仕上げました。

こだわりその2:日本唐揚協会も認める味!
今回のたれの開発にあたり「一般社団法人日本唐揚協会」の八木専務にも試食にご協力いただきました。唐揚げ以外にもお肉料理やお魚料理、サラダや冷ややっこなど、どんな食材とも相性が良く、さまざまな料理で美味しく召し上がっていただけます。

◆「うみんちゅ」店主の山本さん直伝!油淋鶏たれを使用した唐揚げレシピ
どんなお料理にもマッチする「油淋鶏たれ」ですが、今回は発売を記念して「うみんちゅ」店主の山本さんに「油淋鶏」の特製レシピを伝授いただきました。唐揚げのプロ直伝の本格的でおいしい「油淋鶏」をぜひお楽しみください。
[画像2: https://prtimes.jp/i/69349/45/resize/d69349-45-742abe7a71ce5c88ab43-1.jpg ]


<材料>
とりもも肉(1枚肉) 約300g
醤油 大さじ1
水 大さじ2
おろし生姜(チューブ) 小さじ1/2
おろしニンニク(チューブ) 小さじ1/2
片栗粉 大さじ4
ごま油 小さじ1


<作り方>
1.とりもも肉を半分に切り分けてボールに入れ、分量の醤油と水、おろし生姜、ニンニクを入れ軽くなじませる。
2.ラップをして冷蔵庫で10分~30分ほど寝かせ、そのあと調味料が鶏肉に馴染むまで軽く混ぜる。
3.調味料が馴染んだら分量の片栗粉とごま油を入れ混ぜる。
4.小ぶりのフライパンに油1カップ(200cc)を入れ 170℃~180℃に熱し、鶏肉を10分ほどかけて両面を揚げ焼きにする。
5.中心まで熱が通ったらお好みの大きさに切り分けお皿に盛り付ける。油淋鶏だれを適量かけて出来上がり!


◆「うみんちゅ」山本さんからのメッセージ

[画像3: https://prtimes.jp/i/69349/45/resize/d69349-45-bc650c4c146aadc35716-2.png ]


■うみんちゅについて
群馬県前橋市で、有名中華料理店で修業した、中華出身のオーナー山本さんが作る本格中華料理が味わえる飲食店。日本一の唐揚げを決める「からあげグランプリ(R)」では、7年連続最高金賞を受賞しています。ベイシアの人気商品「油淋鶏」もプロ目線で監修いただいています。


[画像4: https://prtimes.jp/i/69349/45/resize/d69349-45-a99390cb1644af451199-3.png ]

◆開発担当者からのメッセージ

[画像5: https://prtimes.jp/i/69349/45/resize/d69349-45-8189b72b073261c1a018-4.png ]



ベイシアは、生活に「価値」を提供できる商品やサービスの提案を通して、今後もお客様の日常に寄り添いながら多くの方に喜んでいただけるよう進化を続けてまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング