エースJTB「にっぽんの祭り 春~初夏」発売

PR TIMES / 2013年2月15日 19時26分

春から初夏の祭りや花火を観賞するツアー

日本で一番早い夏の花火大会「琉球海炎祭」を貸切りクルーザーから鑑賞
YOSAKOIソーラン祭りでは実際に演舞に参加




 株式会社ジェイティービー(東京都品川区、代表取締役社長:田川博己)は、国内パッケージツアー・エースJTB「にっぽんの祭り 春~初夏」を2月15日(金)より発売します。

 今般発売するのは、春から初夏にかけて各地で行われる6つの祭りや花火大会を鑑賞するツアーです。「春の高山祭り」や京都の「葵祭」のほか、沖縄では日本で一番早い夏の花火大会として注目されている「琉球海炎祭」を鑑賞するツアーを新たに企画しました。実際に祭りに参加する体験型のツアーのほか、貸切のクルーザーなど通常とは違った場所で、より迫力ある祭りや花火を鑑賞できます。

  「琉球海炎祭」のツアーでは、クルーザーを貸し切り、約1万発の花火を海上から鑑賞します。花火と音楽が一緒になった迫力の花火イリュージョンを、通常はビーチから見学しますが、クルーザーを利用することで真近に見ることができます。「YOSAKOIソーラン祭り」のツアーでは、1時間の練習の後、「踊りに来ました隊」の一員として実際に演舞に参加できます。オプションとして撮影したDVDを見ながらの夕食会を用意しており、ほかの参加者との交流も楽しめます。この他にも伊豆下田の「黒船祭り」では停泊中の「黒船サスケハナ号」をJTBが貸切り、船上から迫力ある花火を観賞するツアーなどを企画しました。

 これまでは夏を中心に日本各地の祭りを観賞するツアーを実施してきましたが、今後は春、秋、冬など各季節の祭りをテーマにシリーズ化していく予定です。実際に祭りに参加し体感するツアーなど、観光とは違った楽しみ方を提案していきます。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング