動画配信・共有サービスに関する調査結果を発表。10代では「ツイキャス」「Vine」が人気の傾向。「ニコ生より手軽で簡単で、暇潰しにはなる」「6秒でお腹をいためるくらい笑える」

PR TIMES / 2014年1月7日 12時7分

・10代の意見「(ツイキャスは)ニコ生より手軽で簡単で、暇潰しにはなる」「(Vineは)6秒でお腹をいためるくらい笑える」
・知名度はYoutube、ニコニコ動画、ツイキャス、Vineの順
・動画配信・共有サービスは全体的に10代に高い知名度



報道関係者各位
2014年1月7日
株式会社リビジェン

動画配信・共有サービスに関する調査を実施
年代別の特徴として、10代では「ツイキャス」「Vine」が人気の傾向


スマートフォンを活用したマーケティングリサーチ事業を展開する株式会社リビジェン(URL:http://www.livigen.co.jp、本社:東京都港区、代表取締役:孫 尚均)は、全国の10代~30代の一般男女500人を対象に、「動画配信・共有サービス」についての調査を実施しました。


【調査背景】
国内では若年層を中心にスマートフォンの普及が進んでおり、それにつれO2OやECなどのビジネスも拡大が進んでいます。本調査はスマホユーザーの行動特性を把握しその情報を提供することで、スマホビジネス全体を活性化させることを目的としています。


【調査結果】
◆知っている動画配信・共有サービスについて質問したところ、最多は「Youtube」で96.2%となりました。次いで「ニコニコ動画」が67.8%、「TwitCasting(ツイキャス)」が23%、「Vine」が9.6%となり、「このなかに知っているものはない」は1.4%となりました。


Youtubeは全年代で認知度が9割超と高かったのに対して、他3つのサービスは各年代で特徴が見られました。
「ニコニコ動画」は       10代:63.3%、20代:72.6%、30代:64.9%となり、
「TwitCasting(ツイキャス)」は10代:39.2%、20代:21.9%、30代:12.7%、
「Vine」は           10代:22.5%、20代: 6.5%、30代:4.2%
となりました。


◆視聴・閲覧したことがある動画配信・共有サービスについて質問したところ、最多は「Youtube」で95%となりました。次いで「ニコニコ動画」が52.6%、「TwitCasting(ツイキャス)」が15.4%、「Vine」が8%となり、「このなかに視聴・閲覧したことのあるものはない」は2.6%となりました。


◆投稿・配信したことがある動画配信・共有サービスについて質問したところ、最多は「Youtube」で18%となりました。次いで「ニコニコ動画」が5.8%、「TwitCasting(ツイキャス)」が4.6%、「Vine」が0.8%となり、「このなかに投稿・配信したことのあるものはない」は2.6%となりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング