【ファストファッションに関するアンケート調査】ここ1年で購入したファストファッションは「ユニクロ」が6割強、「しまむら」「ジーユー」「GAP」が1~2割。しまむら利用者では「下着」「靴下」の購入が多い

PR TIMES / 2013年11月22日 9時17分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『ファストファッション』に関してインターネット調査を実施し、2013年9月1日~5日に11,066件の回答を集めました。第2回目の調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18215/


──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■直近1年以内に購入したファストファッションは「ユニクロ」が6割強で最も多く、「しまむら」「ジーユー」「GAP」が各1~2割で続く。「しまむら」は女性が男性を大きく上回る
■ファストファッションでの直近1年以内購入商品は「Tシャツ」「下着類」「パンツ」が各4~5割、「シャツ、ブラウス」「靴下」「カットソー、キャミソール、チュニックなど」が各3割弱。しまむら主利用者では「下着類」「靴下」が多い
───────────────────────────────────────────



◆ファストファッションのブランド認知
 ファストファッションブランドの認知率は「ユニクロ」「しまむら」が各8~9割、「GAP」「H&M」「ジーユー」が各6~7割となっています。認知率はいずれのブランドも女性が高く、「フォーエバー21」「ZARA」は男性を約30~32ポイント上回ります。


◆直近1年以内に購入したファストファッション、購入した商品
 直近1年以内に購入したファストファッションは、「ユニクロ」が63.5%で最も多く、以下「しまむら」「ジーユー」「GAP」が各1~2割で続きます。「しまむら」は女性が男性を約16ポイント上回ります。

 購入した商品は、「Tシャツ」「下着類」「パンツ(ジーンズ、チノパンなど)」が各4~5割、「シャツ、ブラウス」「靴下」「カットソー、キャミソール、チュニックなど」が各3割弱となっています。「Tシャツ」「靴下」は男性若年層、「ワンピース」「スカート」は女性若年層で多くみられます。また、「カットソー、キャミソール、チュニックなど」「ニット、セーター、カーディガン」は、女性が男性を大きく上回ります。
最もよく購入したブランド別にみると、『しまむら』では「下着類」「靴下」が多くみられます。『ジーユー』『GAP』『H&M』『ZARA』『GLOBAL WORK』では、下着類や靴下よりも「パンツ(ジーンズ、チノパンなど)」「シャツ、ブラウス」「カットソー、キャミソール、チュニックなど」の方が多くなっています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング