【FRONTIER BZ PRO】最新Office搭載 法人向けコンパクトスリムタワー新発売

PR TIMES / 2014年6月16日 16時5分

~ VESAマウント対応 ~

インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:関戸 光雄)(以下、当社)は、2014年6月16日(月)より、最新Officeを搭載した法人向けコンパクトスリムタワーモデル(NUC)の販売を開始いたします。



■製品の概要

このたび発表する新製品は、第4世代 インテル(R) Core(TM)プロセッサー・ファミリー「Haswell(開発コードネーム)」にマイクロソフト社の最新Officeである「Microsoft(R) Office Personal 2013」「Microsoft(R) Office Home and Business 2013」をプリインストールしたDVDサイズのコンパクトなデスクトップパソコンです。
ラインナップには、Windows(R) 7 Professional / Windows(R) 8 Proのいずれかを搭載したインテル(R) Core(TM) i5-4250U (1.30GHz/3MB)モデルと、インテル(R) Core(TM) i3-4010U (1.70GHz/3MB)モデルをご用意しています。
また、コンパクトな筐体ながら、内蔵無線LAN(+Bluetooth4.0)や高速起動のSSDなど豊富なカスタマイズメニューから自由にお選びいただけますので、ご予算や用途に応じてお好みの1台に仕上げてご購入いただけます。


■製品の特長

<驚きのコンパクト&軽量サイズ>
500mlのペットボトルよりも低い、幅:約45mm×高さ:約195mm×奥行:約152mmの筐体は、設置場所を選ばないコンパクトさです。また、VESAマウンタを標準搭載しておりますので、液晶ディスプレイの背面に取り付けることで一体型パソコンのようにもご利用いただけます。

<第4世代 インテル(R) Core(TM)プロセッサー・ファミリー搭載>
CPUには、第4世代インテル Core プロセッサー・ファミリー(Haswell)の超低電圧版モバイル向けCPUを搭載しています。また、上位モデルに採用している「Core i5-4250U」は、CPUに「GT3」ことIntel HD グラフィックス 5000を内蔵し、飛躍的にグラフィック性能が向上しています。

<無線LANに次世代高速Wi-Fi規格「11ac(※1)」を選択可能>
「インテル(R) Dual Band Wireless-AC 7260 」搭載により、 “IEEE802.11n” を大幅に上回る高速Wi-Fi通信“IEEE802.11ac”に対応し、自宅や会社はもちろん、外出先でも快適な通信を体感できます。
また、 Bluetooth 4.0 にも対応していますので、マウスやヘッドセットなどもワイヤレスでご利用いただけます。
※1:米国電気電子学会にて策定された高速化のための新規格です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング