1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ジェネロ提供のソリューション、カミハヤがクラウドサービス推進機構の認定サービスに認定

PR TIMES / 2021年11月12日 18時45分

デジタルマーケティング・ソリューションを提供するジェネロ株式会社(本社:東京都大田区 代表取締役:竹内大志 以下ジェネロ)は、提供ソリューション「カミハヤ」が一般社団法人クラウドサービス認定機構の第8回2021年認定クラウドサービスとして認定されたことをお知らせします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/29198/46/resize/d29198-46-30e0cdc97a7eb4d39cc9-2.jpg ]



■一般社団法人クラウドサービス推進機構とは  https://www.smb-cloud.org/
クラウドサービスは導入・活用メリットが大きく大企業が積極的に採用している一方で、中小企業にはそのメリットや導入・活用に関わる情報、またそのサービスや支援が行き届いていないのが現状です。そこで中小企業に効果的なクラウドサービスベンダーと中小企業支援機関団体などと有機的に連携した上で、飽くまで中小企業の視点で安心かつ効果的なクラウドサービスのビジネス活用を推進することを企図して一般社団法人クラウドサービス推進機構は設立されました。

■第8回2021年認定式概要
・開催日時:2021年11月12日(金)10:15~12:00
・開催場所:メルパルク東京(東京都港区芝公園2-5-20)

[画像2: https://prtimes.jp/i/29198/46/resize/d29198-46-c3b6ed84eca4f244920e-0.png ]


■認定されたクラウドサービス
・ジェネロ株式会社 カミハヤ
・株式会社テクノア  Ez-Bee
・株式会社アジャイルウェア プロジェクト管理ツール「Lychee Redmine」 (ライチレッドマイン)

[画像3: https://prtimes.jp/i/29198/46/resize/d29198-46-6af7f1b0029d136ffc8f-1.png ]

■カミハヤとは  https://kamihaya.com/
オープンソースCMS(コンテンツマネジメントシステム)であるDrupalとオープンソースMA(マーケティングオートメーション)であるMauticのプラットフォームを提供している米国Acquia社とOEM提携し、日本語によるサポートが付帯された統合デジタルマーケティング推進プラットフォームです。

【ジェネロ株式会社について】 https://genero.jp
ジェネロは、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援するデジタルエージェンシーです。オープンソースCMSである「Drupal」をはじめ、企業のデジタルマーケティングを推進する「カミハヤ」を活用したソリューションを提供し、お客様が目指す野心的なデジタルマーケティング、デジタル体験を実現致します。

設 立:2003年3月
所在地:東京都大田区山王2丁目5-6 山王ブリッジ 3F-6 (本社)
代表者:代表取締役 竹内大志
資本金:4,500万円

【本件に関するお問い合わせ】
企業名:ジェネロ株式会社
https://genero.jp/contact
担当者名:岩田かずみ
TEL:03-6423-6910
Email:info@genero.jp

全てのロゴ、会社名、製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください