小中高生の約9割が間近で世界レベルのスポーツ観戦を希望!「好きなスポーツ選手」TOP3「イチロー」「浅田真央」「北島康介」

PR TIMES / 2013年9月3日 12時26分

~小中高生の「スポーツ」に関する意識調査~



~小中高生の「スポーツ」に関する意識調査~
小中高生も世界レベルのスポーツを間近で観戦したい!
小中高生の約9割が間近で世界レベルのスポーツ観戦を希望!
小中高生の約半数がスポーツ選手になりたい!
「好きなスポーツ選手」TOP3「イチロー」「浅田真央」「北島康介」


eラーニング教材「すらら」を展開する株式会社すららネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:湯野川孝彦)では、「スポーツに関する意識調査」を小学1年生から高校3年生までの男女に実施しました。

1)スポーツ好きな小中高生は約9割!
2)小中高生がやっているスポーツトップ3、「バスケ」・「サッカー」・「野球」
3)スポーツ選手になりたい小中高生は半数以上!
4)スポーツ観戦好きの小中高生は8割強!
5)世界レベルで行なわれるスポーツを間近で見たい小中高生約9割!
6)世界レベルで行なわれているところを間近で見たいスポーツトップ3、「サッカー」・「野球・ソフトボール」・「水泳」
7)小中高生の好きなスポーツ選手トップ3、イチロー選手、浅田真央選手、北島康介選手


1)スポーツ好きな小中高生は約9割!

小中高生を対象にスポーツが好きか聞いたところ、「好き(「好き」(71.0%)・「どちらかと言えば好き」(18.1%)の合計)」が89.1%で約9割となり、小中高生は圧倒的にスポーツ好きの子が多いようです。
男女別では、「好き(「どちらかと言えば好き」を含む)」と回答したのが、男子では93.3%、女子では84.1%と、男子のほうが女子より9.2ポイントほど、スポーツ好きの割合が多い結果となりました。
わずかに男女差はみられるものの、どちらもスポーツ好きは高い割合となっており、小中高生はスポーツ好きだと言えそうです。


2)小中高生がやっているスポーツトップ3、「バスケ」・「サッカー」・「野球」

小中高生がやっているスポーツ1位は「バスケットボール」(11.0%)、2位「サッカー」(10.7%)、3位「野球・ソフトボール」(10.5%)で、トップ3を球技が占める結果となりました。
男女別において、男子のトップ3は1位「サッカー」(31.1%)、2位「野球・ソフトボール」(29.3%)、3位「バスケットボール」(22.7%)に、女子は1位「バトミントン」(23.3%)、2位「水泳」(21.7%)、3位「バスケットボール」(20.6%)という結果でした。最近の女子の主流なスポーツとして「バトミントン」が人気を獲得しているようです。


3)スポーツ選手になりたい小中高生は半数以上!

スポーツ選手になりたいか、との問いでは、「なりたい(「なりたい」(28.3%)、「どちらかと言えばなりたい」(24.4%)の総計)」が52.7%と半数以上がスポーツ選手になりたい、と夢を抱いている事が分かりました。
男女別で見てみると「なりたい(「どちらかと言えばなりたい」を含む)」の回答が、男子では69.8%、女子では32.3%となり、2倍の差が出ていることから、スポーツ選手志向は圧倒的に男子が高いようです。


4)スポーツ観戦好きの小中高生は8割強!

スポーツ観戦が好きか、との質問においては、「好き(「好き」(55.6%)、「どちらかと言えば好き」(30.2%)の総計)」が85.8%と、8割以上がスポーツ観戦好きと回答しています。
男女別においても、「好き」の回答が、男子では90.2%、女子では80.4%となり、9.8ポイントの差が見られるものの、男女とも8割以上が好きと回答しています。


5)世界レベルで行なわれるスポーツを間近で見たい小中高生約9割!

世界レベルで行なわれる競技を間近で見たいか、との問いでは、見たい(「とても見たい」(56.8%)、「見たい」(21.0%)、「どちらかと言えば見たい」(11.8%)の総計)が89.6%と、約9割の小中高生が世界レベルの競技を間近で見たい、と回答しました。世界レベルのプレイの観戦を望んでいる子どもは、かなり多いようです。


6)世界レベルで行なわれているところを間近で見たいスポーツトップ3、「サッカー」・「野球・ソフトボール」・「水泳」

さらに、世界レベルで行なわれているところを間近で見たいスポーツは何か聞いたところ、1位「サッカー」(38.2%)、2位「野球・ソフトボール」(35.5%)、3位「水泳」(22.9%)という結果となりました。「サッカー」と「野球・ソフトボール」は、2)で記述したとおり、小中高生のやっているスポーツトップ3に入っており、「水泳」も4位にランクインしていることから、自分もやっているスポーツの世界レベルのプレイを間近で見たい、と考えたと思われます。加えて、3種目とも、世界的スターと言える日本人選手がいることも共通しています。
 世界レベルの試合を間近で観戦することは、子どもたちにとって良い刺激となり、日本のスポーツ界の裾野が広がることにも繋がるのではないかと考えます。


7)小中高生の好きなスポーツ選手トップ3、イチロー選手、浅田真央選手、北島康介選手

小中高生の好きなスポーツ選手では、イチロー選手、浅田真央選手、北島康介選手がトップ3となりました。イチロー選手は日米通算4000本安打を達成し、浅田選手・北島選手とも国際大会で何度も表彰台に上がるなど、世界的に活躍している選手が上位にランクインする結果となりました。

<調査概要>
1) 調査名:小中高生の「スポーツ」に関する意識調査
2) 調査方法:eラーニング教材「すらら」のログイン画面にて回答を得た
3) 調査対象:小学1年生から高校3年生までの男女
4) 調査期間:2013年8月1日~2013年8月25日
5) 有効回答数:414名<男性:54.3%・女性: 45.7%、小学生:14.0%・中学生:78.0%・高校生:8.0%>

※本リリースの調査結果をご利用頂く際は、「すららネット調べ」とご明記下さい。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング