フリースケール、世界で最もエネルギー効率に優れたマイクロコントローラ、Kinetis Lシリーズの製品ファミリ詳細を発表

PR TIMES / 2012年6月27日 11時14分

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ)は、ARM(R) Cortex-M0+コアをベースとする業界初のマイクロコントローラ「Kinetis(キネティス)Lシリーズ」のアルファ・サンプル出荷開始を発表しました。Kinetis Lシリーズは、6月18日~21日にテキサス州サンアントニオで開催された「フリースケール・テクノロジ・フォーラム(FTF)アメリカ」において展示され、開幕基調講演ではデモンストレーションが行われました。

機器同士の通信が拡大し、あらゆる場所でネットワークに接続できるようになる中、スタンドアロン型のエントリレベル・アプリケーションにおいても、インテリジェンスと機能性の増強が求められるようになっています。従来の8ビット/16ビット製品のユーザは、Kinetis Lシリーズを活用することで、消費電力やコスト、占有スペースを増やすことなく、32ビット・プラットフォームに移行でき、機器の付加価値を高めることができます。小型家電製品、ゲーム・アクセサリ、ポータブル医療システム、オーディオ・システム、スマートメータ、照明、電力制御など様々なアプリケーションにおいて、8ビット/16ビット・クラスの価格帯で、低消費電力と32ビット性能を実現し、また、将来の製品ライン拡充に必要となるスケーラビリティを手に入れることができます。

フリースケールの副社長兼インダストリアル&マルチマーケット・マイクロコントローラ部門担当ジェネラル・マネージャであるジェフ・リースは、次のように述べています。「8ビット/16ビット製品の開発は、もはや終焉を迎えたといってもいいでしょう。“モノのインターネット”が加速する中、従来のアーキテクチャはそのペースについていくことができません。Kinetis Lシリーズ・マイクロコントローラは、次世代のネットワーク対応アプリケーションに理想的なソリューションで、エネルギー効率、低価格、開発の容易さ、小型化といった要件を満たしつつ、Kinetis Kシリーズと同様の32ビット性能、ペリフェラル、開発環境、スケーラビリティを兼ね備えています。」

最高レベルのエネルギー効率
ARM Cortex-M0+プロセッサは、8ビット/16ビット・プロセッサと比べ、およそ3分の1の消費電力で2~40倍の性能を発揮します。Kinetis Lシリーズは、最新の低消費電力マイクロコントローラ・プラットフォーム設計により、各種動作モード、独自のペリフェラルによって、コアのエネルギー効率を補完します。その結果、超低消費電力動作(VLPR)モードで消費電流わずか50uA/MHz(*)のマイクロコントローラが実現しました。低消費電力状態から迅速にウェイクアップして、データを処理し、スリープに戻ることができるため、各アプリケーションのバッテリ寿命を延ばします。このような利点を実証するため、FTFアメリカでのデモンストレーションでは、Kinetis Lシリーズのエネルギー効率の特性を他社のソリューションと比較し、CoreMarkベンチマークとしてご紹介しました。なお、Kinetis Lシリーズは、フリースケールの「Energy-Efficient Solutions(高エネルギー効率ソリューション)」プログラムの対象製品です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング