TOKYO FMとセコムが「安全・安心」を軸にタイアップ ◇9月は「みんなの安全・安心月間」◇

PR TIMES / 2012年8月31日 14時41分

TOKYO FM(株式会社エフエム東京 本社:東京都千代田区、代表取締役 冨木田道臣)とセコム(セコム株式会社 本社:東京都渋谷区 代表取締役 前田 修司)は、9月に「安全・安心」をテーマとしたタイアップキャンペーンを行う事を決定いたしました。身の回りの「安全・安心」を考える機会の多い9月を「みんなの安全・安心月間」とし、様々な啓発活動を行ってまいります。

9月は防災の日に始まり、救急の日、敬老の日、防災の日など、身の回りの安全・安心を考える機会の多くなる時期です。また、9月18日はセコムが制定した「防犯の日」(毎月18日)もあり、この9月をきっかけに改めて安全・安心について考えていただきたいとの思いから、人と人のこころのつながりを大切にする活動、「ヒューマンコンシャス」を標榜するTOKYO FMと、「セキュリティのスペシャリスト」であるセコムが今回初めてタイアップを組み、9月を「みんなの安全・安心」月間として、番組を通した様々なキャンペーン活動を行ってまいります。

番組では身の回りに潜む小さな危険や不安をチェック。セキュリティのプロであるセコムの最新防犯・防災情報をもとに、TOKYO FMの番組で自分や家族を守るアイディアやテクニックを紹介してまいります。


■主な番組での展開
・9/3(月)
「シンクロのシティ」(月-木 午後4:00~6:45)1DAYスペシャル 
・9/10(月)~13(木)
「シナプス」(月-木 午後1:00~3:55)防災・防犯クイズ
・9/18(火)
「クロノス」、「Blue Ocean」、「LOVE CONNECTION」、「シンクロのシティ」にて「防犯の日」インフォメーション
・9/23(日)
「サンデースペシャル」(午後7:00~7:55)

■TOKYO FMヒューマンコンシャス活動について
ここ近年のグローバリズムやIT革命、宗教や民族を軸とした新しい社会対立の発生から、日常化する凶悪犯罪、少年犯罪、いじめ・虐待や不登校などに至るまで、人を取り巻く危機的状況に対し、これを人の「こころ」の問題として捉え人と人のこころのつながりを大切にする“こころのあり方”を改めて世の中に問いかけるキャンペーン。それがTOKYO FMの「HUMAN CONSCIOUS~生命を愛し、つながる心」です。



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング