エアアジア・ジャパン 目的地到着は朝8時台!旅先での一日を有意義に使える早朝便限定『エアアジアで朝飛!』キャンペーン実施

PR TIMES / 2013年3月1日 11時21分

AirAsia CAFEで無料コーヒー&機内で使える200円券をプレゼント



 エアアジア・ジャパン株式会社(代表取締役社長兼CEO:小田切義憲、所在地:千葉県成田市)は、2013年3月4日(月)より、目的地に朝8時台に到着する国内線早朝便を対象にした期間限定キャンペーン『エアアジアで朝飛(あさとび)!』を実施いたします。


 本キャンペーンは、朝6時台に成田国際空港を出発する国内線早朝便(JW8521およびJW8541)を体験していただくことを目的としており、実施期間は2013年3月4日(月)~30日(土)です。実施期間中、JW8521およびJW8541ご搭乗のお客様は、北側国内線施設1Fバスラウンジ内の「AirAsia CAFE」にて、コーヒーを無料でご提供いたします。また、同店で700円以上ご購入の方には、エアアジア・ジャパンの機内でご利用いただける200円券をプレゼントいたします。


 エアアジア・ジャパン株式会社 代表取締役社長兼CEO 小田切義憲は、本キャンペーンにつき次のように述べています。「朝6時台に成田国際空港を出発する早朝便は、目的地に8時台に到着します。ビジネス利用のお客様は午前中も会議に出席でき、レジャーでお出かけになるお客様は旅先での一日を有意義に過ごすことが可能です。この機会に是非、AirAsia CAFEのコーヒーで目を覚まし、エアアジア・ジャパンのフライトで元気を充電していただきながら、早朝便の魅力をご体験いただけましたら幸いです。」


●『エアアジアで朝飛(あさとび)!』キャンペーン概要
  期間:2013年3月4日(月)~3月30日(土)
  対象:JW8521(東京(成田) 6:20発⇒札幌(新千歳) 8:05着)および
     JW8541(東京(成田) 6:35発⇒福岡8:45着)にご搭乗のお客様

  内容:1.成田国際空港第2ターミナル 北側国内線施設1Fバスラウンジ内「AirAsia CAFE」でコーヒーを
      無料提供(お替り自由)
     ※搭乗券提示の上、ブレンド/エスプレッソ/カフェラテ/カプチーノの4メニューより選択
     2.「AirAsia CAFE」で700円以上ご購入のお客様にエアアジア・ジャパンの機内でご利用いただける200円      券をプレゼント


●参考:AirAsia CAFEについて
営業時間:午前5時30分~17時30分
取扱品目:軽飲食、トラベルグッズ、おみやげ(箱菓子等)、
雑貨、雑誌、エアアジアグッズ等
※ロゴ入りテープが添付されたAirAsia CAFEの飲食物は、機内飲食可
※カップ形ドリンク(ホットコーヒー、ビール)およびソフトクリームは、機内持ち込み不可。


●参考:早朝便へのアクセス手段について (※一部のアクセス手段をご紹介しています)
【チェックイン締切時間】 JW8521の場合⇒5:35/JW8541の場合⇒5:50


■車でアクセスする場合/成田近郊で前泊する場合
成田国際空港周辺には、早朝便に間に合うよう入庫を受け付けているパーキングがあります。
また、成田国際空港周辺のホテルからは午前4時台から無料送迎バスが運行されています。
参考:http://www.airasia.com/jp/ja/latest-news/narita-airport-info.page


エアアジア・ジャパン株式会社 (AirAsia Japan Co.,Ltd)
エアアジア・ジャパン株式会社は、全日本空輸株式会社(本社東京)とエアアジア(本社マレーシア)の合弁会社として、2011年8月に設立された成田国際空港を拠点とする航空会社です。エアアジアグループの一員として日本のLCC市場を開拓し、誰でも気軽に利用できる運賃と高品質なサービスを提供し、新しい市場を創りだすことを目指しています。エアアジアグループは2001年の設立以来、延べ1億5千万人以上のお客様が搭乗し、当初2機だった飛行機は現在117機になり、170もの路線ネットワークを持つアジア最大のLCCとなりました。スカイトラックス社による世界航空会社調査では、4年連続で「ワールド・ベスト・ローコスト・エアライン」部門1位(2009年、2010年、2011年、2012年)に選ばれています。


エアアジアウェブサイト: http://www.airasia.com
Facebook: http://www.facebook.com/AirAsia.Japan
Twitter: http://twitter.com/airasiajp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング