資生堂、 ヨーロッパでの販売開始から50周年 1963年、イタリアで販売開始し、欧州全域で1万店超で販売展開中

PR TIMES / 2013年6月21日 11時6分

1963年、イタリア市場に参入した資生堂は、今年で「ヨーロッパでの販売開始50周年」を迎えました。

資生堂の海外展開は、今から55年前の1957年の台湾にまで遡ります。その後はアジア各地域へ販売エリアを拡大する一方、ハワイに合弁会社を設立(62年)、翌63年には最初の欧州市場としてイタリアで販売を開始しました。68年、イタリアを現地法人化した後も、フランス、ドイツ(ともに80年)などに販売エリアを拡大、90年代後半には東ヨーロッパでも展開を開始、「ハイクオリティ、ハイイメージ、ハイサービス」をマーケティングのポリシーとして欧州で販売を開始してから、今年で50周年を迎えました。
今日、取扱店数は、欧州全体で51カ国、10,000店以上にのぼり、「化粧品の本場」である欧州(※)での売上は、当社の海外売上の26%を占めるまでになりました。
また、当社の強みであるスキンケアカテゴリーにおいては、イタリア、ドイツなどでトップシェアを取るなど、日本というオリジンを大切にしつつも、独自の存在感を放っています。
(※)売上セグメントにおける「欧州」は、中東、アフリカを含む

【今日の欧州事業】
海外向け商品や海外工場もなく、日本で企画・製造された商品を輸出販売するところから始まった当社の海外事業も、イタリア進出の翌年に発売された香水「Zen」を手始めに、海外の方の嗜好を反映した独自のマーケティングを開始しました。
今日では、グローバルブランド「SHISEIDO」はもとより、在仏子会社「Beaute Prestige International」が展開する「Issey Miyake」などのデザイナーズフレグランス、「Carita」や「Decleor」といったフランス発のサロン事業、米国発の「Nars」や「Bare Escentuals社」の「bare Minerals」など、グループ傘下のさまざまな商材を、異なったチャネルや価格帯でマルチブランド展開をしています。
90年代以降はフランスに工場や研究開発拠点も設置するなど、欧州での事業展開は、当社のグローバル化に大きく貢献しています。


【資生堂「欧州50周年」の歴史(主なもの)】
1963年 イタリアで販売開始(50周年)
1968年 イタリアに現地法人設立(45周年)
1980年 フランス、ドイツに現地法人設立、販売開始
1986年 イギリスで販売開始
     フランスのサロンCarita(カリタ)買収
1990年 デザイナーズフレグランスの製造販売会社Beaute Prestige International(ボーテプレステージインターナショナル)設立。     (主なブランドIssey Miyakeなど)
1991年 欧州初の工場としてフランスにジアン工場竣工
1992年 パリに直営フレグランスブティックLes Salons du Palais Royal Shiseido(レ サロン デュ パレロワイヤル シセイドー)開店
1997年 パリにて企業文化展「PARIS-TOKYO-PARIS 1897-1997 LA BEAUTE」開催
     東欧(クロアチア、チェコ、ハンガリーなど)で販売開始
1999年 フランスにバル・ド・ロワール工場竣工
     ロシアで販売開始(2007年現地法人設立)
2000年 フランスのLaboratory Decleor(ラボラトワール・デクレオール)を買収。同社工場も取得。
2009年 ギリシャ(1991年販売開始)にて合弁会社設立(2010年営業開始)
2010年 フランス販売開始30周年を記念して、パリでウィンドウ・ディスプレイ展開催
2011年 トルコ(1996年販売開始)に合弁会社設立(2012年営業開始)
2013年 欧州販売開始50周年。欧州51カ国、1万店以上で販売中。
     世界では日本を含め世界で89の国・地域で販売中。


▼詳細・グループ企業情報サイト(歴史)
http://group.shiseido.co.jp/company/past/history/?rt_pr=tr046

▼プレスリリース詳細
http://group.shiseido.co.jp/releimg/2165-j.pdf?rt_pr=tr046

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング