【金融政策の世界的権威、ついにアベノミクスに結論を下す!】『リフレが正しい。―FRB議長ベン・バーナンキの言葉』が発売!

PR TIMES / 2013年5月22日 16時57分

中経出版  「日本経済の復活」を最もよく知るアメリカ人の明快なスピーチ集

株式会社中経出版(東京都千代田区)は、2013年5月24日(金)に『リフレが正しい。―FRB議長ベン・バーナンキの言葉』(監訳・解説 高橋洋一)を発売します。




【混沌としてきた「リフレ派」対「反リフレ派」の戦い…】


1ドル100円を超える円安、15,000円台を突破する株高を、
本当に引き起こしてしまった安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」。

その「第一の矢」である大胆な金融緩和をめぐっては、
国内の経済学者・エコノミストの立場は真っ二つに割れており、
テレビや新聞では毎日のように論陣が張られている。
中でも議論を呼んでいるのが、金融緩和によってデフレを脱却し、
緩やかなインフレへ復帰させることを目指す「リフレ政策」の是非だ。

しかし、その危険性を指摘する「反リフレ派」VS.
アベノミクスを肯定する「リフレ派」という構図が
はっきりしたことで、生活者である私たちは、却って戸惑っている。

どちらを信じればいいのか、もはやわからなくなりかけているのだ。

書店の経済書コーナーでも、両陣営から刊行された
膨大なアベノミクス関連書がひしめき合っている(下記は一例)。


【賛成派】
>>>『アメリカは日本経済の復活を知っている』(浜田 宏一、講談社)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4062181517/
>>>『日本人はなぜ貧乏になったか?』(村上 尚己、中経出版)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4806146315/
>>>『アベノミクスで日本経済大躍進がやってくる』(高橋 洋一、講談社)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4062952068/
>>>『「アベノミクス亡国論」のウソ』(上念 司、イースト・プレス)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4781610005/

【反対派】
>>>『リフレはヤバい』(小幡 績、ディスカバー21)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4799312936/
>>>『金融緩和で日本は破綻する』(野口 悠紀雄、ダイヤモンド社)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4478024057/
>>>『金融緩和の罠』(萱野 稔人 編、光文社新書)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4087206874/
>>>『アベノミクスが引き金になる 日本国債 暴落のシナリオ』(石角 完爾・田代 秀敏、中経出版)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4806147338/

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング