社会起業塾イニシアティブ2019年度メンバー6団体が決定!

PR TIMES / 2019年8月26日 12時40分

-障がい、子ども、地域、QOL向上など、社会課題の解決に挑む-

社会を変える可能性を持ったスタートアップ期の社会起業家を選抜する「社会起業塾イニシアティブ」(主催:NPO法人ETIC.、所在地:東京都渋谷区、代表理事:宮城治男)では、2019年度メンバーとして、6団体を採択しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/12113/47/resize/d12113-47-472796-5.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/12113/47/resize/d12113-47-339750-0.jpg ]

SDGsが2015年の国連サミットで採択され、世界中で目標達成に向けて動き始めています。日本でも、さまざまな社会問題が加速度的に増加している中、イノベーティブな発想で解決手法を示す社会起業家の挑戦を応援し、企業セクターとの協働を模索していくことは、SDGsの達成に向けて不可欠です。本プログラムは、2002年、NECとの協働でスタート。2010年には花王をオフィシャル・パートナーに、電通をプログラム・パートナーに迎えました。これまでに118名の社会起業家の創業期をサポートし、卒塾生のうち、87%が事業を継続しています。

[画像3: https://prtimes.jp/i/12113/47/resize/d12113-47-908142-1.jpg ]


■2019年度メンバー ※年齢は2019年8月26日現在 
2019年度メンバーとして、スポーツや音楽を通して発達障害・知的障害のある子どもに対しての支援事業、孤立した子どもたちへの支援や地方での新たな機会創出、女性のQOLの向上、子どもの創造性を育む場づくりなどの課題に挑むメンバーが採択されました。これから8か月間、先輩起業家との集中議論や現場での実践を繰り返しながら、社会を変える計画を磨いていきます。彼らの成長と今後の社会起業塾の取り組みについて、ぜひご注目ください。

【NEC社会起業塾】
◎伊藤 良師 / NPO法人Ocean’s Love  http://oceanslove.com/
「スポーツで豊かな人生を!」知的・発達障がい児対象スポーツ事業
◎武藤 紗貴子 / ツナガリMusic Lab.  http://www.tsunagari-music.jp/
発達障害のある子どもたちの自己肯定感を高める音楽教室事業

【花王社会起業塾】
◎荒井 佑介 / NPO法人サンカクシャ  https://www.facebook.com/npo.sankakusha
孤立する子ども・若者と社会資源のマッチングシステム
◎荏原 優子 /             https://www.facebook.com/yuko.ebara
地方での機会創出する場としての多世代交流複合拠点づくり
◎角田 真住 / Alopecia Style Project Japan  https://www.aspj.site/
違いを受け止め合える関係を、髪を失った女性が自ら作り上げる

【特別メンバー】
◎平林悠基 / CARABINA  https://bokyo.org
子ども1人1人の創造性を育む生態系の創造
※特別メンバーとは、各社の掲げる重点テーマに限らず、特定の社会課題解決に取り組み、プログラムを有効活用できると認められた団体です。

■2019年度プログラムについて (2019年8月26日~2020年3月10日)
昨年度より、卒塾OBOG生がメンターとして起業家に伴走し、塾生たちをサポート。今年度は、さらにリニューアルし、8か月間のプログラムに延長。事業の仮説検証を繰り返しながら、事業戦略について多様な領域の先輩社会起業家に相談していく、より実践型のプログラムへ変わります。
[画像4: https://prtimes.jp/i/12113/47/resize/d12113-47-165462-4.jpg ]

◎入塾式 日時:8月26日(月)15時~20時(予定)(18時~は懇親会を予定)場所:NEC 芝クラブ(田町)
◎キックオフ研修1. 日時:8月27日(火)9時半~19時(予定) 場所:株式会社電通東京本社(新橋)
◎キックオフ研修2. 日時:8月28日(水)9時半~19時(予定) 場所: 花王株式会社本社(茅場町)
◎事業計画集中検討ワークショップ
日時:9月3日(火)・4日(水)9時半~19時(予定) 場所:品川区立中小企業センター(大井町・下神明)
◎中間レビューミーティング 日時: 12月3日(火)・4日(水)
◎最終発表会・修了式 日時:2020年3月9日(月)/今後に向けた対話 3月10日(火)

■現在活躍する社会起業家の多くが創業期に本プログラムに参加
ブレないミッションと、課題の本質に向き合う粘り強さを備えた社会起業塾の卒塾生たち。
109名の卒塾生のうち、96団体が現在も事業を継続。社会に対し確かなインパクトを生み出し始めています。
これまでの社会起業塾生一覧: https://kigyojuku.etic.or.jp/entrepreneurs/

<特集記事> https://kigyojuku.etic.or.jp/posts/
◎新しい「問い」を得て、さらに「自分らしい」スタートを切る。社会課題解決に取り組む起業家たちの成長
https://drive.media/posts/23927
◎「事業のために無理をするのではなく、やりたいことをやっていく」。社会起業家にとってのワークとライフとは?
https://drive.media/posts/24017
◎社会起業家に聞いた、右腕の採用と育成  https://drive.media/posts/24113
◎ソーシャルビジネスの「稼ぎ方」って? ー「はじめる人を”ともにつくること”で支える”」
https://drive.media/posts/24220
◎社会起業家の子育てと仕事って?子連れ出勤、ワンオペ育児など試行錯誤の日々を大解剖
https://drive.media/posts/24267

■NPO法人ETIC.
新しい事業づくりを通して次世代社会を創り出すことに挑戦する起業家型リーダーを育成・輩出し、社会に新しい生き方・働き方のスタイルを提案するNPO法人。ベンチャー企業やNPO、大手企業の新規事業部などで、学生が責任のあるポジションにたち、事業の成功に貢献することを目指して取り組む「長期実践型インターンシップ」(97年~)、社会起業家を志す若者の事業プランコンペティション「STYLE」(02年~)、ソーシャルビジネスを立ち上げる若者を支援する「NEC社会起業塾」(02年~)、地域に根付いた若者の挑戦機会を創り出す事業を応援する「チャレンジコミュニティ創成プロジェクト」(04年~)などを実施し、現在では全国70地域で人材育成プログラムなどがスタート。東日本大震災を受け、「震災復興リーダー支援プロジェクト」も開始(11年~)。現在までに1500名以上の起業家を輩出。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング