1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

アトラシアン、ガートナー(R)社 2021年 マジック・クアドラント(TM) ITサービス管理ツール部門で概念先行型に選出

PR TIMES / 2021年9月24日 12時45分

35,000社以上がJira Service Managementを活用したモダンなハイベロシティITSMを実現

チームのコラボレーションと生産性向上を支援するクローバルリーディングSaaS企業のアトラシアン(NASDAQ: TEAM)は、2021年ガートナー(R)マジック・クアドラント(TM)の ITサービス管理(ITSM)ツール部門において、概念先行型(ビジョナリー)の評価を得たことをお知らせいたします。当社のJira Service Managementは、開発、運用、ビジネスチームのデジタルエクスペリエンスの融合に焦点を当てており、2020年の新規顧客数で最も成長しているITSM製品に急浮上しました。これにより、ガートナー社が2021年3月に発表したGartner Peer Insights Customers' Choiceの ITサービス管理ツールでも当社が評価されています。



企業がDXを推進するには、すべてのチームが同じ緊急性と高いベロシティで活動することが重要です。チームが一丸となってビジネスの変化に対応し、優れたデジタルサービス体験を迅速に提供しなければ、ビジネスリスクを抱えることになります。Jira Service Management は、開発、IT運用、ビジネスチームを結びつけ、顧客や従業員が求める優れたサービス体験を高速で提供することを可能にする、アトラシアンならではのソリューションです。最近のガートナー(R)マジック・クアドラント™のレポートによると、「デジタルディスラプションに対応して、ITSMツールはDevOpsツールチェーンとの統合要件や、ITSMプロセス全体のアジャイルワークフローのサポートに対応し始めている」とされています1。アトラシアンの ITSMに対する差別化されたアプローチは、DevOpsとアジャイルサービスデリバリーを中心としています。

アトラシアンのチーフ・レベニュー・オフィサーであるキャメロン・ディーチは次のように述べています。「インフラストラクチャ&オペレーション(I&O)のリーダーは、DXの取り組みを加速させるために、ITSMのプロセス、プラクティス、ツールを再構築する上で、重要な役割を担っています。デジタル化されたリモートファーストを実現するために、サービスマネジメントへの新たなアプローチを育んでいる35,000社以上の ITSMの お客様と力を合わせられることを嬉しく思います。今回の選出は、アトラシアンが新境地を開拓し、サービス管理における未来をけん引することを示しています」。

アトラシアンのITSMに対するビジョンとその投資は、3つの重要な信念により形作られています。

開発+IT+ビジネスの融合が必要: DevOpsの理念とプラクティスが勢いを増す中、ITSMとそのソフトウェア・サービス・デリバリー・ライフサイクル全体への適合方法を再構築する必要性が生じています。そこでアトラシアンは、優れた製品やサービス体験のコンセプトから設計、構築、リリース、運用、サポートに至るまでの一連の作業のシームレスな流れを実現するため、開発とIT運用、そしてビジネスチームをつなぐJira Service Managementに投資しています。

協調性のあるチームの自律性が最も重要: リモートワーク、分散型アーキテクチャ、アジャイル手法や新しい働き方の増加により、I&Oに対する旧来の中央コマンド&コントロールのアプローチは限界に達しています。アトラシアンの革新的な ITSMソリューションは、企業内のチームに、迅速な実行と自律的な運営に必要な柔軟性とシンプルさを提供する一方で、協調作業に必要な共通の用語、体験、および管理制御を可能にします。

コストパフォーマンスに優れた適切なサイズの機能が重要: ITSMのコストと複雑さに対する疲労とフラストレーションは、かつてないほど高まっています。当社では、ITSMへの新しいアプローチを求める企業のためのソリューションとして、お客様が実際に必要としている機能を、透明性のあるコスト効率の高い方法で提供することに重きをおいています。

アトラシアンでは、大規模なサービスマネジメントを実現し、すべてのチームが高いベロシティで業務を遂行できるよう革新的な機能への投資を続けています。これには、Code Barrel(ノーコード・オートメーション)、Halp(SlackおよびMicrosoft Teams内での対話型チケット管理)、Mindville Insight(資産・構成管理)、Chart.io(視覚化と分析)、ThinkTilt ProForma(300以上のテンプレートを備えたローコード/ノーコードフォームビルダー)など、最近の買収が含まれます。

2021年 マジック・クアドラント™のITサービスマネジメントツール部門の完全版レポートはこちら(英語: https://www.gartner.com/doc/reprints?id=1-27C47TMM&ct=210831&st=sb)でお読みいただけます。

1 Gartner, Inc. “Magic Quadrant for IT Service Management Tools,” Rich Doheny, Keith Andes, Chris Matchett, 30 August 2021.

※本プレスリリースは 2021 年 9 月 7日にサンフランシスコにて配信された発表の日本語抄訳版です。

###
アトラシアンについて
2002年豪州シドニーで創業。あらゆるチームの可能性を解き放つことを企業のミッションとし、チームによる作業の整理、議論、完遂を支援するコラボレーションソフトウェア開発を手掛けています。アトラシアンの顧客はゼネラルモーターズ、ウォールマートラボ、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ、リフト、スポティファイ、NASAなど236,000社を超えています。顧客企業はプロジェクト管理、コンテンツ作成・共有やサービス管理ツールを利用することでチーム・コラボレーションを実現し、期限内に質の高いサービスや製品を提供することができます。 主要製品はソフトウェア開発チーム向けのオンプレミスおよびSaaSプロダクトで、Jira Software(ソフトウェア開発プロジェクト管理)、Confluence(コラボレーション)、Trello(タスク管理)、Bitbucket(ソースコード管理)、Jira Service Management(ITSM/ESM)、Jira Work Management(ビジネスプロジェクト管理)などがあげられます。日本法人のアトラシアン株式会社は2013年の設立以来、日本語によるお問い合わせ対応や技術サポートの提供、マーケティングなどの業務を行っています。 https://www.atlassian.com/ja


ガートナー社の免責事項
ガートナーは、リサーチ出版物に描かれているいかなるベンダー、製品、サービスを推奨するものではなく、テクノロジー・ユーザーに対して、最高の評価やその他の指定を受けたベンダーのみを選択するよう助言するものではありません。ガートナーのリサーチ出版物は、ガートナー・リサーチ機関の意見で構成されており、事実の記述として解釈されるべきではありません。ガートナーは、本リサーチに関して、商品性や特定目的への適合性の保証を含め、明示的にも黙示的にも一切の保証を行いません。

Gartner Peer Insights Customers' Choice は、個々のエンドユーザーによるレビュー、評価、データを文書化された方法に照らし合わせて適用した主観的な意見であり、Gartner 社やその関連会社の見解を示すものではなく、またそれらを推奨するものでもありません。

GartnerおよびMagic Quadrantは、Gartner, Inc.および/またはその関連会社の米国およびその他の国における登録商標であり、許可を得て使用しています。無断転載を禁じます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング