『犬猿』配信開始!小憎らしいけれど、やっぱり大切。兄弟を描いた邦画5選

PR TIMES / 2018年8月7日 15時1分

窪田正孝さんと新井浩文さんが兄弟役を演じた映画『犬猿』が、明日8月8日(水)よりスタートいたします。吉田恵輔監督(『ヒメアノ~ル』『麦子さんと』)が、反発しあいながらも離れらることができない「兄弟姉妹」の複雑な感情を、ユーモアを交えながら鮮やかに描いた人間ドラマです。本作の配信を記念して、兄弟の葛藤と消えない絆を描いた日本映画を5本、ご紹介します。



小憎らしいけれど、やっぱり大切。兄弟を描いた邦画5選


[画像1: https://prtimes.jp/i/31998/47/resize/d31998-47-770011-1.jpg ]

犬猿(8月8日13時配信開始予定)
自分勝手な前科者の兄(新井浩文)と、真面目なサラリーマンの弟(窪田正孝)。出所した兄が部屋に転がり込んできたことで膨張する軽蔑、鬱陶しさ、自分にはできない兄の生きかたへの嫉妬、そして諦め。もう1組、正反対の性格の姉妹との三角関係も絡み、愛憎ボルテージはエスカレート。兄弟姉妹を持つ人なら「あるある」なエピソードの連続に、思わず共感!
【視聴ページ】 https://video.unext.jp/title/SID0035278?nfignore=1&rid=PR00190(8月8日13時配信開始予定)


[画像2: https://prtimes.jp/i/31998/47/resize/d31998-47-388592-0.jpg ]

ディストラクション・ベイビーズ
理由もなく喧嘩に明け暮れる暴力的な主人公を柳楽優弥が演じ、衝撃を与えた本作。鼻つまみ者になっている兄を気遣う唯一の存在が、たったひとりの弟(村上虹郎)。兄のせいで仲間にバカにされても、兄のせいで警察に呼び出されても、兄の暴力衝動が理解できなくても、味方でいる。だって兄弟だから—。不条理な世界で唯一の希望として描かれるのが、兄弟の絆です。
【視聴ページ】 https://video.unext.jp/title/SID0027136?nfignore=1&rid=PR00190


[画像3: https://prtimes.jp/i/31998/47/resize/d31998-47-498753-4.jpg ]

手紙
犯罪加害者家族の苦悩を描いたこの作品でも、軸となるのは兄と弟の複雑な関係。人を殺めて服役中の兄(玉山鉄二)の存在をひた隠し、お笑い芸人として活動している弟(山田孝之)。キャリアにとっては地雷のような存在でありながら、兄が犯した罪が実は自分のためだったこともあり、弟の葛藤は深い。捻じれきってもなお消えない、いや消せない兄弟の想いに、涙、涙。
【視聴ページ】 https://video.unext.jp/title/SID0003915?nfignore=1&rid=PR00190


[画像4: https://prtimes.jp/i/31998/47/resize/d31998-47-662787-3.jpg ]

重力ピエロ
冴えない大学院生の兄(加瀬亮)と、アーティスティックで女性にもモテる弟(岡田将生)。似ても似つかない彼らには、実は悲しい過去が…。「俺たちは最強の家族だ」と合言葉のように言い続ける父の愛情を受け、自らの意志で“悲しみという重力”からの解放を図る弟、支える兄。互いに唯一無二の理解者であるふたりの信頼関係は、普通の「兄弟」以上のもの。
【視聴ページ】 https://video.unext.jp/title/SID0015166?nfignore=1&rid=PR00190


[画像5: https://prtimes.jp/i/31998/47/resize/d31998-47-985967-2.jpg ]

間宮兄弟
最後に、100%ほんわか、ゆる~い兄弟関係を。間宮家の兄弟(佐々木蔵之介、塚地武雅)はそれぞれ30代。かたやヒョロリとノッポで、かたやふっくら小ぶり。かたや研究員、かたや小学校の校務員。正反対なのに、いや、正反対だからか、仲良く同居生活を満喫中。兄弟って、良くも悪くも縁の切れないものだけれど、このふたりを観ていると「それもいいな」と思えるはず!
【視聴ページ】 https://video.unext.jp/title/SID0024371?nfignore=1&rid=PR00190


【動画サービス、U-NEXTとは】
U-NEXTでは、12万本以上の映画、ドラマ、アニメをテーマで括り、さまざまな切り口でご紹介しています。この特集の数は、5000以上。サービスサイト上では、お客様が新たな作品に出会えるよう、視聴傾向を分析し好みに合った特集をレコメンドしています。


(C)2018『犬猿』製作委員会 (C)2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会 (C)2006『手紙』製作委員会 (C)2009『重力ピエロ』製作委員会 原作 伊坂幸太郎 『重力ピエロ』(新潮社刊) (C)2006「間宮兄弟」製作委員会

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング