1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

取締役等の体制についてのお知らせ

PR TIMES / 2021年3月31日 14時45分

世界16カ国25都市のタレント(人材)を活用し、デジタルコンサルティング事業・プロダクト事業を展開する株式会社モンスター・ラボ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:鮄川 宏樹<いながわ ひろき>)は、2021年3月30日株主総会およびその後の当社取締役会にて、2021年4月1日付の取締役・監査役および顧問の人事が決定いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。




取締役(新任)


[画像1: https://prtimes.jp/i/40073/47/resize/d40073-47-258569-0.jpg ]


氏 名:中原 淳博(なかはら よしひろ)

新職位:取締役

<中原 淳博 プロフィール>
監査法人トーマツ(Deloitte)にて様々な業種、規模の上場企業(ニューヨーク証券取引所、及び、東京証券取引所上場企業)、及び、非上場企業の監査に約8年間従事し、同時に、複数のIFRS(国際会計基準)導入プロジェクトに参画。バンコク駐在時には、国際監査業務に加えて、税務、コンサルティング、M&A領域でクライアントをサポート。株式会社LIXILにおいてはリージョンCFOとして、アジアパシフィックリージョン及びアフリカリージョンにおいて合わせて約4年間指揮を行い、ファイナンス領域(管理会計、財務会計、財務、税務)のみならず、PMI(ポストマージャーインテグレーション)及び粗利改善プロジェクト等複数の部門横断プロジェクトを指揮し、事業の安定化及び成長の両面に寄与。早稲田大学政治経済学部卒。 日本国公認会計士、米国公認会計士。


取締役就任にあたってのコメント

世界中に雇用機会を創出することで人々の自己実現や社会のイノベーションにも繋がるという経営理念を、全社員一丸となって実行に移すためのインフラ作りに今取り組んでおります。
そのインフラをベースに、豊富なプロダクト開発実績、日本発のグローバルベンチャーとしての特異性、そして社員個々人が想いを持っている点をレバレッジさせて、モンスター・ラボをアジアで、ひいては世界でトップレベルのグローバル組織していけるよう尽力いたします。


2021年4月以降の取締役・監査役体制(ABC順)



[表1: https://prtimes.jp/data/corp/40073/table/47_1.jpg ]




2021年4月以降の顧問体制(ABC順)



[表2: https://prtimes.jp/data/corp/40073/table/47_2.jpg ]


*なお、3月31日付けで、川野 尚吾は顧問を退任します。


■株式会社モンスター・ラボ グループ会社概要
グループ約1,200名、世界16ヵ国25都市のタレント(人材)を活用し、デジタルコンサルティング事業・プロダクト事業(RPAツール、店舗向けオーダーシステム等)を展開しています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/40073/47/resize/d40073-47-793118-1.png ]


所在地:東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー4F
設 立:2006年2月
資本金:89億8,319万円(資本準備金含む・2020年11月末時点)
代表者: 代表取締役社長 鮄川 宏樹(いながわ ひろき)
U R L : https://monstar-lab.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング