今年は“ブログ10周年” その魅力を徹底分析 自分の主張はFacebook、Twitterよりも、ブログに 秘訣はブログのメッセージ性、ブロガーはモテ度25%増!?

PR TIMES / 2013年8月28日 14時8分

今回、トレンド総研(東京都渋谷区)では、10周年を迎えるブログにフォーカス。その利用シーンや、実際に利用している方たちの特徴について、調べました。



2013年は、日本における「ブログ10周年」の年と言われています。一般の生活者にブログが広く受け入れられる1つのきっかけとなったのは、レンタルブログサービスの躍進。そのレンタルブログサービスが日本で展開されるようになったのが2003年頃であることから、そう呼ばれているそうです。
この10年間は、ブログを含めたソーシャルメディアが大きく成長した期間でした。その形態も、「2ちゃんねる」などの電子掲示板やブログにはじまり、Facebook、Twitter、LINEなどの各種SNSまで、次々と新しいものが現われては、話題を集めています。しかし、新しいソーシャルメディアが登場したからと言って、古いソーシャルメディアが消えていったかというと、そうではありません。それぞれの特長に合わせて、それぞれのシーンで活用されているようです。
そこで、今回、トレンド総研(東京都渋谷区)では、10周年を迎えるブログにフォーカス。その利用シーンや、実際に利用している方たちの特徴について、調べました。

今回の「ブログに関する意識・実態調査」では、インターネットユーザー1,000名を対象にしました。その内、500名はブログを定期的に更新しているブロガー、残りの500名は、ブロガーではないインターネットユーザーと均等に割り付けました。


[調査概要]
調査名:ブログに関する意識・実態調査
調査対象:インターネットユーザー(日常的にインターネットを利用する人) 1,000名
 ○ブロガー(ブログを定期的に更新している人): 500名
 ○その他のインターネットユーザー:500名
調査期間:2013年8月19日(月)~2013年8月22日(木)
調査方法:インターネット調査
調査実施機関:楽天リサーチ株式会社


■ レポート内容

1. ポイントは“自由度”דオリジナリティ”、ブログとSNSの違いとは!?
 ○ブロガーの男女比、年齢構成を分析! ブログ利用者の実態を探る
 ○メリットは書き込み内容やデザインの自由度の高さ、求められるのはオリジ
ナリティ
 ○ブログとSNSの性質の違いとは!? ブログの魅力の理由に迫る

2. ブロガーあるある! 知人には秘密、3人に1人が“こっそりブロガー”
 ○“PC VSスマートフォン”、ブログを更新することが多いのは!?
 ○ブログを書いていることは、“秘密or積極公開”!?
 ○更新タイミングは、決まった時間派? 隙間時間派?
 ○“ブログ×SNS”、両者のメリットを活かした、上級テクニックとは!?
 ○ブロガーの3分の1以上が、2つ以上のブログを更新!?

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング