ニコニコ動画で人気の音楽ユニット「CLΦSH」がモデルの小説『FINALΦFICTION前奏曲』を新曲CD付きで発売!

PR TIMES / 2013年3月22日 11時29分

人気ボカロノベル『囚人と紙飛行機』シリーズの著者(猫ロ眠@囚人P)が描く近未来異能力ストーリー

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 清水卓智)は、2013年3月23日、『FINALΦFICTION前奏曲(ファイナルフィクションプレリュード)』(監修:CLΦSH[96猫×囚人P]、著:猫ロ眠@囚人P)を刊行しました。



ボーカロイド楽曲プロデューサーである囚人Pと、歌い手である96猫によるユニット『CLΦSH』は、ニコニコ動画を中心に活動する音楽ユニット。

2012年5月にメジャーデビューを果たし、その人気はさらに広がっています。


●CLΦSH 3rdアルバム『FINAL FICTION』

http://www.nicovideo.jp/watch/sm18223160


囚人Pが、“猫ロ眠@囚人P”として執筆したボカロ小説『囚人と紙飛行機』シリーズは、2作累計85,000部の人気作品です。

本書では、歌い手である96猫をイメージした黒音コウ(小説内では黒音恋失)を主人公に置き、見たことのない物語―フィクション―を展開します。

小説、イラスト、音楽などあらゆる創作物が規制され、失われている世界を舞台に、異能の歌姫たちの闘いを描く近未来小説です。

カバーイラストは人気アニメーター石田可奈(作画)&美峰(背景)、キャラクターデザイン&挿絵にはKyata、ピンナップに清原紘、カラスという豪華なイラスト制作陣が揃いました。

また、本書には作中に歌われる楽曲を収録した特製CDが付いています。

『FINEL FICTION』シリーズは、2013年5月にドラマCDブックも発売予定です。


【イントロダクション】
日本で起きた“ある出来事”以降、世界各国は小説をはじめ、イラストや音楽などあらゆる創作物を《危険図書》として規制。日本政府は特別組織EIS(Eternal Idea of Society)を立ち上げ、規制を推し進めた。

2129年―-大日本の首都東京。この街の空は、無機質な形をしている。高さ300メートルを超すビル郡が建ち並ぶメトロポリスに、飛び交う透過ディスプレイ。そして使用停止になったスカイツリーに替わる次世代通信棟として建造された、1000メートル級の超高層ビル群《東京スクレイパー》。人々は政府から配布された《リグレラ》と呼ばれる透過タブレットを使いながら、何不自由ない日々を過ごしていた――。

すべての創作物が《危険図書》として国の下に規制され、アーティストは「犯罪扇動者」と呼ばれ廃され、 それが“当たり前"になっている時代。

物語(フィクション)を紡ぐことも、描くことも、歌うことも、 読むことすら禁じられた日本に、異能の歌姫の前奏曲-プレリュード-が響き渡る――!


【著者プロフィール】

CLΦSH[くろっしゅ]
ニコニコ動画を中心に活躍する96猫と囚人Pによる異色のユニット。96猫がボーカルを担当し、囚人Pが作詞・作曲を担当している。2012年7月メジャーアルバム『FINAL FICTION』をリリースした。

96猫[くろねこ]

大阪府出身。ニコニコ動画にてボカロ楽曲を中心に歌い、8曲が100万再生を超えるなど人気を集めている。囚人PとのユニットCLΦSHでは、ボーカルを担当。2012年8月8日に自身初となるメジャーアルバム『【memoReal】』をリリース。2013年3月には、2ndアルバム『アイリス』をリリース。

猫ロ眠@囚人P[ねころみんあっとしゅうじんぴー]

猫ロ眠(ねころみん)。VOCALOIDを使用した楽曲制作を手掛けるプロデューサー。2012年に『囚人』『紙飛行機』の楽曲を基にした『囚人と紙飛行機 少年パラドックス』『囚人と紙飛行機 少女アポリア』の小説を自ら執筆し刊行。また2012年7月にはCLΦSH(96猫×囚人P)として、メジャーデビューも果たした。


【商品情報】

■発売日:2013年3月23日
■判型:A5変型判・並製 
■定価:1,800円(税別)
■ISBN:978-4-569-81178-9


【ご参考】

《PHP研究所》 http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-81178-9
《アマゾンドットコム》 http://www.amazon.co.jp/dp/4569811787


【本件に関するお問合せ】
株式会社 PHP研究所 広報
 TEL:03-3239-6229 FAX:03-3239-6248          
 E-mail:prinfo@php.co.jp
 URL: http://www.php.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング