Interbrand “Best Retail Brands 2014” リテールブランドのブランドランキングを発表

PR TIMES / 2014年4月9日 17時37分

昨年に続き、Walmartが世界の第1位。オムニチャネル戦略で成果をあげるMacy’sが前年比+383%増の大躍進。日本首位のUniqloは、Gapのブランド価値を上回り、アジアの第2位に。



 NY (2014年4月8日) - 世界的なブランドコンサルティング会社であるインターブランドは、リテールセクターを対象とした“Best Retail Brands”を発表しました。
“Best Retail Brands”レポートは、北米(TOP50)、ヨーロッパ(TOP50)、アジアパシフィック(TOP30)、そしてラテンアメリカ(TOP20)のリテールブランドをブランド価値で評価し、ランク付けしています。このレポートは、インターブランドグループのリテールブランディングの専門会社であるデザインフォーラムとの共同で作成されました。
世界4地域それぞれの第1位は、以下の結果となっています。
・ Walmart-1,318億7,700万ドル(北米地域)
・ H&M-181億6,800万ドル(ヨーロッパ地域)
・ Woolworths- 49億4,800万ドル(アジアパシフィック地域)
・ Natura- 31億5,600万ドル(ラテンアメリカ地域)

 Uniqloは、日本のリテールブランドのトップの座を維持し、アジアパシフィック地域でも第2位となりました。そのブランド価値は41億6,000万ドル(前年比+14%増)で、アパレルセクターではいまやGap(北米24位; 39億2,000万ドル)を上回っています。
 本年度は日本のその他のリテールブランドの業績も好調で、Lawson(前年比+13%)、Family Mart(前年比+17%)、Muji(前年比+28%)、Nitori(前年比+22%)、ABC-Mart(新規)の計6ブランドが、アジアパシフィックのTOP30にランクインしています。
 モバイルショッピングからバーチャル試着まで、主導的なリテールブランドは、「買い物」という行為を、デジタルな視点で急速に見直しています。主導的なリテールブランドは、競争優位性を得るために、店舗での買い物とインターネットショッピングの間を埋める革新的なオンライン技術の採用や、顧客の要望に迅速に応えるための販売データの戦略的分析手法などを駆使するなど、これまでのビジネスモデルを超えた展開を積極的に推進しています。積極的なオムニチャネル化の推進により3年連続の高成長を達成し、本年度大幅なブランド価値増加となったMacy’s(北米16位; 60億8,400万ドル/前年比+383%)は、その代表例といえます。
 インターブランドのグローバルCEOであるJez Framptonは、「消費者がインターネットショッピングを好む傾向がますます強まる中、企業にとってはその変化に対応した販売チャネル形態を賢明に選択し採用できるか否かは、成功を左右する鍵となっています。」と語っています。「グローバル化のさらなる進展に伴って、リテールブランドにはこれまで以上の迅速さや柔軟性が求められます。成功するリテールブランドは、デジタルリテーリングへの移行が進展する市場で生き残り、生き残ったことでより特別なブランドとなるのです。」
 インターブランドのアジアパシフィックCEOであるStuart Greenは、アジアパシフィック地域のリテールブランドランキングについて次のように述べています。「世界の総人口のほぼ半分を抱え、都市化と所得拡大が急速に進むアジアパシフィック地域は、国内、国外両方のプレイヤーにとってたいへん魅力的な市場です。しかし、このアジアパシフィック地域は素晴らしい潜在能力を持っているにもかかわらず、真にこの地域を代表すると言えるリテールブランドがまだありません。各地域の数多くの規制上の課題を乗り越え、多様な文化的嗜好、多様な言語にも対応しなければならないためですが、一方、本年度アジアパシフィック地域でブランド価値が高いと評価されたブランドのいくつかは、グローバルにビジネスの場を積極拡大しており、UniqloやFamilyMartのような日本の主導的なリテールブランドは、将来の成長に向けて、国内の顧客だけでなく中国や東南アジアなど、若くダイナミックな市場にも目を向けています。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング