聖マリアンナ医科大学発ベンチャー、株式会社ナノエッグの白髪用カラートリートメント「煌髪」が「中小企業優秀新技術・新製品賞」の「優秀賞」を受賞

PR TIMES / 2014年4月16日 11時37分



聖マリアンナ医科大学発のベンチャー企業、株式会社ナノエッグ(本社:川崎市、代表取締役社長:山口葉子、以下ナノエッグ社、http://www.nanoegg.co.jp/)の「マリアンナプラス 煌髪(キラリ)」白髪用カラートリートメントが、このたび公益財団法人りそな中小企業振興財団と日刊工業新聞社が共催する「中小企業優秀新技術・新製品賞」において、一般部門枠の優秀賞を受賞しました。表彰式は5月8日(木)、ホテルグランドパレスで開催される予定です。

「中小企業優秀新技術・新製品賞」は、公益財団法人りそな中小企業振興財団と日刊工業新聞社が、中小企業の技術を振興し、わが国産業の発展に寄与する目的で、1988(昭和63)年に設立した賞です。今回、「マリアンナプラス 煌髪」白髪用カラートリートメントは、ナノエッグ社が独自開発した毛髪浸透成分「ヘアケアキューブ」の特性が評価され、一般部門の優秀賞を受賞しました。

「マリアンナプラス 煌髪 カラートリートメント」は、ナノエッグ社が独自開発した毛髪浸透成分「ヘアケアキューブ(HCC)※1」(特許技術)を配合した白髪用ヘアカラートリートメントです。HCCがキューティクルをはがすことなく天然染料と美容成分を毛髪内部に浸透させることで、白髪染めの難点だった毛髪ダメージを与えることなく、徐々に自然な色合いに仕上げ、髪にハリとコシをもたらします。

HCCは非イオン界面活性剤と水・油からなるキュービック構造。毛髪表面のキューティクルの隙間を埋めるように細胞膜複合体(CMC)が存在しますが、CMCは脂質からなる疎水性層のため、外部から染料などが浸透しにくいバリア機能を担っています。ナノエッグ社は、CMCの規則構造をナノレベルで瞬間的に変化させるHCCを開発、ヘアカラートリートメント剤に応用し、毛髪にダメージを与えることなく、染料を毛髪内部へ浸透させることを実現しました。

HCC開発成功は、ナノエッグ社がすでに開発し上市している経皮吸収促進剤の作用が原点となっています。HCCを用いることで、毛髪のCMCでも同様の変化が起き、染料の浸透につながっています。
「マリアンナプラス 煌髪」は、2013年2月の発売以来、シリーズ累計9万本※2を突破しています。
※1 保湿・毛髪浸透補修成分:ミネラルオイル、グリセリン、オクチルドデセス-16、オクチルドデセス-20
※2 2013年2月~2014年3月の販売実績

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング